偽のフリーランス:スペインにおけるフリーランス問題

2019年11月20日
フリーランスとして仕事をするフリーランサーに正社員の仕事を依頼するのは、スペインでは法的に「詐欺行為」とされており、この行為が発覚すると違反した企業にとっては深刻な問題となります。今回の記事では、よくある企業のコスト削減策を詳しく見ていきます。

今回の記事で「偽のフリーランス」と呼ぶのは、会社が、独立した請負業者つまりフリーランサーを雇って、福利厚生などを提供せずに正社員の業務を依頼することです。

これは一部の企業が行うスペインでは違法とされる経費削減戦略で、正社員を雇うことで発生する税金をはじめとする様々な費用が抑えられると考えられています。

短期的に見ると企業にとって良いかもしれませんが、詐欺的な違法行為であり、法的に深刻な問題となります。

ここからは、「偽のフリーランス」を判断する方法や、正社員の仕事をフリーランサーに依頼することのスペインにおける法的意味について説明します。

偽のフリーランス スペイン フリーランス問題

偽のフリーランスとその識別方法

スペインには、偽のフリーランスに関する公式の法的定義はありません。

偽のフリーランスとして働く人とは、一般的には個人事業主としてその企業に登録されており、税務の面では独立請負業者となっていますが、職務としては正社員の業務を社内で行う人のことです。

より詳しく理解するために、スペイン労働者法規をご覧ください。

  • 会社は従業員の給与を決定します。
  • 従業員は会社の規則とガイドラインを遵守する必要があります。言い換えれば、従業員は「個人事業主」としては勤務していません。
  • 従業員は会社のリソース、施設​​、ビジネス戦略を使用します。

偽のフリーランスとして働く場合、会社のガイドラインを遵守し、ビジネスのリソースを使用する個人事業主となり、給与も固定されています。

フリーランスとして働く人の労働時間によっても異なりますが、常に会社が設定したマージンの範囲内です。仕事の自律性はなく、上司の指示であれば全ての業務をこなし正社員と同じように働きます。

これはとても矛盾した「有害」な状況です。従業員は、企業の一員として当然の権利がありますが、正社員と認められないフリーランサーには、従業員としての権利がないのです。

こちらもご参照を:スティーブ・ジョブズ:21世紀を発明した男の伝記

状況の合法性

法的に、文書として記載されていることが重要なのではありません。

「契約とは、契約そのものであり、仕事をしている人が言う自分が「何か」ではない」と言う言葉が、それを十分語っています。

結局、フリーランサーが正社員と同じ要件と条件に従ったことが確認されれば、会社が実際に正社員として誰かを雇った場合に支払う金額を払っていないため、「詐欺行為」だと見なされるでしょう。

企業は「偽のフリーランス」を使用して従業員の雇用に伴う費用の削減を目指しますが、これは罰金を支払うケースもある深刻な詐欺行為と考えられます。

こちらもご覧ください:仕事中毒ーどうすればいいの?

偽のフリーランスとして働くことの欠点

偽のフリーランスとして働く場合は個人事業主して勤務するため、従業員を保護する通常の労働法は適用されません。最低賃金の保証、有給休暇、病欠、ボーナスなどをはじめとする正社員が受ける給付金や福利厚生などもありません。

フリーランスとして働く場合は、自営業者として税金を払いますが、偽のフリーランスとして働く場合も同様です。

さらに、何か問題が発生した場合、偽のフリーランスとして働いている場合は失業手当を受ける権利がありません。(自分で何か保証するものに契約している場合を除きます)解雇された場合は、最初に会社と何らかの契約をしていない限り、いかなる種類の退職金も受け取りません。

あなたが現在「偽のフリーランス」として働いているのなら、すぐに声をあげましょう。スペインでは、社会裁判所か労働検査官に苦情を申し立てることができます。

会社が罰金を科されるだけでなく、過去4年間の社会保障費と税金の支払いを要求することもできます。

偽のフリーランス スペイン フリーランス問題

経済的に依存するフリーランサー

この問題を解決するために、スペイン政府は「経済的に依存した個人事業主」というカテゴリを作成しました。

これは、フリーランサーが単一のクライアントから75%以上の給与を受け取る場合に使用できる契約です。

一見すると、偽のフリーランスの合法化のように思えるかもしれませんが、実際には、個人事業主として働く人にいくつかの利点があります。

  • 失業給付の権利
  • 産休
  • 18日間の無給休暇

しかし、これは偽のフリーランスの解決策となるのでしょうか?

実際には、多くの利点を提供しているわけではありませんし、これによって他の従業員を下請けに任せることができなるだけでなく、フリーランサーは依然として自営業税と社会保障を自ら支払う必要があります。

企業と契約を結ぶときは、企業がフリーランサーを利用して法的に不安定な状況になるような圧力をかけないように注意してください。

現在、偽のフリーランス問題に関して訴訟が提起されている企業であるGlovoやDeliverooなどの多くの企業は、労働者の権利を犠牲にして利益を得ていると言われています。

  • Ser autónomo, https://www.serautonomo.net/que-es-un-falso-autonom
  • Padigital, https://www.padigital.es/autonomos/autonomo-dependiente-y-falso-autonomo-que-diferencias-hay.html
  • Iberley, https://www.iberley.es/revista/falso-autonomo-figura-consecuencias-denunciar-situacion-formularios-interes-23
  • Gestron, https://gestron.es/contrato-mercantil-definicion-y-falso-autonomo/