乳がんの女性のリラクゼーション

· 2019年1月21日

乳がんを患う女性が直面する治療過程はかなり長期のもので、心理的な支援が必要です。こういった意味で、心理教育が欠かせません。この病気に関する情報や肉体的な状態と心理状態を改善する方法を提供することです。こういった介入があることで、様々な分野での健康が改善されます。

この記事では、乳がんを患う女性にとってのリラクゼーションの重要性をお話ししたいと思います。リラクゼーションテクニックを治療に組み込んでいく際の目標は、様々な生理的な状態に合わせて調整しつつ、活性化レベルをコントロールしていく方法を学ぶことです。

リラクゼーションが生理的、精神的にどう影響するか

リラクゼーション法は、副交感神経活性化を促進して、交感神経系の活性度を押さえます。リラクゼーションは、低い心拍数、末梢血管拡張、腹式呼吸、低い筋肉活発に特徴づけられる機能低下状態です …

浜辺

しかし、生理的な活性化の低下に加え、リラクゼーション法には他の認知的効果もあります。リラクゼーション、注意の焦点、より良い自制、そして生理反応の違いを見分ける能力の高まりを主観的に感じることができます。

精神面

アーロン・ベック認知に関して言っていたように、自分に関する思い込み、間違い、わい曲を作り出すのは自分自身の精神です。これによって乳がんとの戦いはより困難になり得ます。

認知面は、乳がんの治療における基本です。人が持つ思考はポジティブな精神状態を作り出すこともあれば、逆に病気のネガティブな見方を与えることもあるからです。ポジティブ思考は、自尊心、戦いたいという気持ち、やる気、治療への専念を促進します。

「ガンの傷がわたしを変えた。新しい健康な毎日に感謝している。自分の人生を優先させることを学べたの。」

-オリビア・ニュートン=ジョン

乳がんにおいていつリラクゼーションを利用できるか

乳がん患者のリラクゼーションは、化学療法や放射線療法(特定の刺激が不快感を生み出す)による吐き気や嘔吐の回避を目的としています。何度か治療を受けた患者によく見られるこの種の条件を覆そうとする行いです。

さらに、リラクゼーションによって感情状態が改善します。感情状態によって、患者が直面する試験結果はかなり左右されます。リラクゼーションは、自制を改善し、病気によって引き起こされるいらだちによって起こしたくなってくる衝動的な行動を制限します。

どのようなリラクゼーションがあるか

リラクゼーションのタイプは、様々な要因に左右されます。どのようなリラクゼーション法を知っているか、いつ不安が一番高まるのか、いつ時間があるのかなどです。それでは次に、乳がん患者にとって最も重要なテクニック2つを見ていきましょう。

体の様々な部分で、故意に強い緊張状態を作り出す様々なエクササイズを通じて、緊張をよりよく知ることができます。このエクササイズを進めて慣れていくと、その回数を減らしていきます。

  • イメージ療法イメージを通じて精神的な旅路へと誘います。これらは喜びを生み出す感覚、状況、場所といったイメージです。こうすることで、リラックス出来る場所の感覚的な刺激を呼び起こします。

「ガンはすべての肉体的な能力を奪っていた。でも、わたしの精神、心、魂に触れることは出来ない。」
-ジム・バルバーノ-

患者
毎日に目標がある

複雑な乳がんの旅路を進むことになります。化学療法、放射線療法、試験の結果待ちなどです。体や精神にある恐怖の内側に目を向けて、リラクゼーション状態を作り出しましょう。今ご自身が経験している状態に対処し、うまく乗り越える助けになります。

「平安と静けさなしにきちんと機能出来る人なんていない。」
-クリストファー・パオリーニ-

乳がんを患っている、あるいは乳がん患者を知っている人すべてが、この病気から連想される苦しみは計り知れないものであるということを理解してます。「ガンです」と言われた人が感じるのは、終わりのない感情、不安、心配です。

毎日に目標があります。一歩一歩困難に直面して乗り越えていきましょう。未来や治療の末に起こることを考えてしまい、不安になることは避けられません。治療が続いたり、ガンに戦う措置が十分でなかったりと考えることもあります。この不安、引き起こされる思考や感情こそ、リラクゼーションによって軽減が期待されるのです。

Marcom, P. K. (2017). Breast Cancer. In Genomic and Precision Medicine: Primary Care: Third Edition. https://doi.org/10.1016/B978-0-12-800685-6.00010-2

Cancer Research UK. (2016). Breast cancer statistics | Cancer Research UK. https://doi.org/10.1124/mol.63.6.1437

UK, C. R. (2014). Breast cancer incidence statistics. https://doi.org/http://dx.doi.org/10.1080/17441692.2010.530289