大人の自閉症:幸福のための心理的・社会的挑戦

16 4月, 2020
人口の1%近い人が、自閉症スペクトラム障害と診断されています。大人の自閉症には、社会的感受性を改善する必要性に加え、クオリティオブライフを高めるための心理的支援も必要です。

自閉症スペクトラム障害(ASD)と聞くと、自閉症の子どもに伴う挑戦やニーズを思い浮かべる人が多いでしょう。早期発見が、発達やクオリティオブライフの向上に役立つことは知られています。それでは、大人の自閉症はどうでしょう? この神経学的状態をもつ大人には、どのようなニーズ、支援、戦略があるのでしょう?

1990年、科学者により診断基準が改善されて以来できるようになったことは、学校に通う自閉症の子どもの診断だけではありません。その行動多くを説明づけることができるようになったのです。そして、その子を限界づけているものの原因や特性についても分かってきています。さらに一つはっきりと言えることがあります。それは、自閉症は幅広い特徴やニーズをもつスペクトラム障害であるということです。

自閉症には、レット症候群やアスペルガー症候群などがあります。自閉症を持つ大人がとても高い能力を持っていることもあります。あるいは依存性が高く、コミュニケーションの障害が大きく、社会的接触の問題、繰り返しの行動がみられる場合もあります。そのため、自閉症のケアには、心理学的注目、社会的支援、インクルージョンが欠かせません。このような症状をもつ大人が、必要としているかもしれないサポートを確保するには、私達が目を向けなければなりません。こうすることによってのみ、自閉症の人は健康や幸福を得ることができます。

統計を見ると、1%近い人が自閉症スペクトラム障害と診断されています。社会の中で、この幅広い人達の将来を向上させるには、早期発見や心理的支援が必要です。

自閉症 大人

 

大人の自閉症:そのニーズとは?

大人の自閉症はあまり理解されておらず、また研究も少ないことをまず知っておきましょう。実際今まで無視されてきたのです。しかしここ数年で科学者が興味を示し始めたのは、幸いなことです。現在では科学界でも統計、リソース、知識が多くなってきています。

ここから導かれる目標は、個々のニーズに応じて個別の専門的注目を与えることです。しかし、これには臨床的実践における問題があります。それは機能的に高い自閉症の大人の多くが、自分の症状に気づいていないということです。

このような人達は、時々何か自分の中で欠けていると感じながら、大きなプロジェクトや仕事の責任を抱えています。そして社会的接触における問題、不安や刺激への感受性の高さなどにより、クオリティオブライフに大きく制限がかかっているのです。また、2人の自閉症の人が、まったく同じ特性を示すことはないということも知っておきましょう。

それぞれのケースに特異性があるとはいっても、大人の自閉症は日常生活に支障をきたすものです。しかし、診断や早期の個人に特化されたセラピーにより、変化、向上、幸福をもたらすことは可能です

自閉症の大人が必要とする支援や彼らが抱える困難についてみていきましょう。

 

ASDの専門家に相談

家族に自閉症の人がいる、あるいは自分がスペクトラムに入っていると思うのであれば、専門家に相談するのが一番です。専門的知識をもつ心理療法士が行うことには、次のようなものがあります。

  • まず、大人の自閉症患者を診断し、長所、認知的・行動的・感情的ニーズをみます。
  • さらに、患者の日常に携わる人とも面談を行います。
  • 状態を断定するために様々なテストを行います
大人 自閉症

 

大人の自閉症とセラピーの種類

大人の自閉症への心理的介入は、個々のニーズに左右されます。セラピストは主に次のような面に働きかけます。

  • まず、コミュニケーショントレーニングや社会的能力を訓練します
  • 良い日常的習慣をつけるための治療をします。
  • 集団の統合、健康、社会的行動に関する特定の行動を変容させます。
  • 自閉症をもつ大人がより安心し自立するための機能的なルーティンを訓練します。
  • 労働への参加を援助します。
  • うつ病などの不安や気分障害に対する支援も必須です。この種の障害は、様々な重度の感情的困難に向き合わなければならないことが多々あります。この場合、認知行動療法が有効です
  • 個別の心理セラピーも重要なカギになります。自閉症をもつ男性も女性も、恋愛、家族、職場での関係を向上させる必要があります。
  • 最後に、重度の認知障害を抱える人もいます。その場合、心理的支援が必要とされる行動問題がある可能性があります。

 

家族の支援と環境

忘れてはならない大切なことに、自閉症を持つ大人の家族環境への配慮があります。父親、母親、パートナー、子どもなどがどのように行動すべきかを知り、障害を理解することが患者の生活を向上させる上で、重要なステップになります。

まとめると、心理療法士は大切な日常の支援をしてくれます。恐怖、疑い、不安、ストレスの軽減においても助けてくれます。社会におけるこの幅広い集団の個人的事情は非常に複雑で独特です。そこで利用できるリソース、戦略、専門家の助けを借りることで、少しずつクオリティオブライフを高めていけるのです。