ランニング:素晴らしい瞑想方法の一つ

06 9月, 2019

心と体を大切にするライフスタイルは必要不可欠です。そのために、肉体的なトレーニングの中でも最も人気であり健康的なものがランニングです。

もちろん、あなたの身体的なコンディションや体調がそれを許し、知性的に実践しなければなりません。

ランニングは瞑想を兼ねています。瞑想は精神と感情を養う為方法として、人々に受け入れられ、愛されています。

ランニングは良い運動です。そして、心にも良い運動なのです。私達が走っている時に無心になることは珍しいことではありません。

良いトレーニングというものは、体と心がシンクロする時に起こります。この状況は、瞑想によって魂の帰る場所を見つけるような意味を持ちます。

「ランニングの為に心を鍛えると、全てのものが簡単になる。」

-アンビー・バーフット-

瞑想の魔法

瞑想は不安を減らし、心をクリアにするという目的を持ち、自身の意識に集中することを含みます。それは、あなたとあなたの思考の流れに隠れている心配を切り離すことを教えてくれます。

ですので、ランニングは心を自由にして緊張を体から解放するのに非常に良い方法なのです。実際に、その緊張を動きに変化させてくれるのです。

瞑想はただ平和をもたらすものではありません。瞑想を実践する人には他の効果や恩恵ももたらしてくれるのです。それは、ストレスを軽減したり、うつ病から守ってくれるホルモンを分泌する作用です。

瞑想は注意にも関係しています。そして、痛みを対処する助けをしてくれるのです。また、脳の構造に良い影響を与え、重要なニューロンとニューロンの結合を手助けします。

瞑想やマインドフルネスを発達させる方法は多く存在します。この為にロウソクに火を灯し、お香を焚いたり、特別な姿勢で座ったりする必要はありません。

どのような活動でも、あなたが深く没頭することで、瞑想的な態度を作り出すことが出来るのです。ランニングはそういった活動の一つであり、正しく行う事で流れがスムーズになるのです。

ランニング

ランニングは心の薬

ランナーはよくランニングのことを薬だと言います。人生で数多く発生する問題から正しい方向へと自分を導く方法なのです。また、自分の持つネガティブな悪魔に打ち勝ち、そこから抜け出す方法でもあるのです。

それは身体的なニーズの為だけにあるものではなく、「もしこれを走りきることが出来れば、私は何でも出来る」というように、感情的に鍛えるニーズをも満たしてくれます。

ランニングにはリズムがあり、体を流し、動きに変換する為にエネルギーを自然に放出する運動です。エネルギーをネガティブな考えや感情に費やす代わりに、私達の神経系や内分泌系を刺激する活動の為の燃料となるのです。

一旦ネガティブな感情から解放されると、それに対処するのはとても簡単になります。そのような感情から学ぶことが出来て、前へと進むことが出来るのです。

ランニングによって瞑想も実践できることで、心と体の両方が強くなります

さらに、2016年に出版された「Translational Psychiatry(変換精神医学)」の研究では、 ウォーキングやランニングと組み合わせた瞑想は、うつ病と診断された患者の症状を40%減少させることが証明されました。

ここでの鍵は、ランニングが私達の集中力を高めることです。特に、しばらく走った後に動きが自動的になった時に集中力が高まった状態です。

私達の体を「引っ張る」という行為から、自分の体に「伴う」ように移動します。これは、私達を落ち着かせる活発的な瞑想へと繋がるのです。

ランニングはあなたの心をゆっくりにする

ランニングは私達の思考のスピードを緩めてくれます。そして、新しい視野や考え方、そして気分をもたらしてくれるのです。

もし少ししか、または全く走らなければ、あなたが絶対に経験することがあります。それは、夜がとても長く感じ、朝がとても短くなることです。

なぜこのような現象が起こるのでしょうか?それは、私達の考え方がその日の時間によって異なるからです。

ランニングは同じ効果、違う考え方をもたらしてくれます。ランニングの動きが不安を感じさせることなく、問題と対峙させてくれるのです。

一方、もし心がその問題と対峙したくない場合、それにとらわれることなく、周囲にある刺激に集中させてくれるのです。これによって、落ち着いて問題に対処出来るようになります。

意志とは関係なくランニングは心をゆるやかにしてくれます。そして、激しい思考と心配の嵐は徐々に静まっていくのです。

ランニングする男性

ランニングは私達に「今」を気付せてくれる

私達はよく今を意識することを忘れてしまいます。心は過去から未来へと現在で立ち止まることなく進みます。ですので、私達に入ってくる情報や感覚の大部分を処理していないことがあるのです。

考える時、私達には限られたリソースしかありません。従って、決断する時は過去や未来のことが重要になり、今に注意を払うことをしなくなるのです。

瞑想の主な目的は、今に集中することです。過去や未来を持続的に手にする為に、現在に注目し、しっかり立ち止まることを理解するのです。

精神を集中させることは、視野や視点を失うことなく、意識の正しい状態を目的とした瞑想の基礎です。そして、瞑想を行うことで自分を失うことなく、森の中で木を見つけることが出来るように、大切なものを見つけることが出来るのです。

ランニングはまさに今の瞬間に意識的になり、出現する問題を解決する助けをしてくれます。

ほぼ完ぺきな「機械」である私達と自身の体にコミュニケーションを持ち、現在と自分を繋げてくれる素晴らしい方法なのです。