レフ・ヴィゴツキーの7つの言葉

· 2018年5月14日

ヴィゴツキーは、成長・教育心理学においては「モーツァルト」のような存在です。レフ・ヴィゴツキー(1896-1934)は、素晴らしいベラルーシの心理学者・物理学者です。ソビエト連邦の神経心理学や発達心理学理論者でした。

ヴィゴツキーが言っていたことは、長く軽視されてきました。しかし、彼は断固として一つの重要なポイントを守ってきました。それは、精神プロセスの成長には文化が大きな役割を果たすということです。 

思い返してみれば、彼の貢献はかなりの革命でした。特に、心理と教育の肥沃な領域においてです。レフ・ヴィゴツキーの研究と言葉の多くは以下のものにフォーカスされていました:

  • 人間のふるまいにおける言語の役割
  • 子どもの精神的成長における言語の役割
  • 高次精神機能の起源と成長
  • 科学の哲学
  • 心理学研究の方法
  • 心理学のアート
  • 心理現象としての遊び
  • 学習障害と異常な人間発達の研究

ヴィゴツキーの象徴的な言葉

社会的なコミュニケーションの重要性

社会的なコミュニケーションは、学びの起源でありエンジンである。

思考プロセスが発達する方向は、個から社会ではありません。それよりも、社会から個です。

彼は、学びは文化的な遺産を自分のものにする方法であると述べていました。それは個の同化プロセスだけではありません。

ヴィゴツキーは、人間の学びは特定の社会的本質を前提としていると考えていました。それは、子どもが他人の脳内で起こっていることに対してアクセスできるプロセスです。

家族

理解ための思考の価値

他人の言葉を理解するには、単語を理解するだけでは足りない。彼らの思考も理解しなくてはならない。

言語があれば、物事を肯定したり、否定したりできます。これは、個々が自分が何者であるかを意識し、自分の意志で動けることを意味します。

言語と思考は異なる起源を持っています。しかし、思考は言語化され、発話は理論性を持ちます。

特に、子どもの言語は社会的で外的ですが、ゆっくりと内面化していきます。子どもの認識的発達は、大人とのフォーマル/インフォーマルな会話を通じて起こります。子どもは自分の目と言語で世界を認識し始めます。

模倣の放棄

発達していくにつれ、他の人のふるまいを真似たり、外的な刺激に対峙した際に自動的に反応することをしなくなる。

子どもは自分の環境をスポンジのように吸収します。年を取ると、模倣をしたり環境に反応したりしますが、もっと自分のスキームや価値に応じて行います。

言葉と思考の関係

思考のない言葉は死んでいる。同じように、言葉を伴わない思考は影から出ては来ない。

思考は、言葉の雨を降らせる雲に例えられます。言語は、コミュニケーションの主なツールです。また、精神の発達において決定的な要因です。言語は思考に欠かせません。

言語と思考

知識の定義

知識は、物理的なものだけでなく社会的・文化的なものを理解する個人と環境のコミュニケーションの賜物だ。
シェア

高次心理プロセスのすべて(コミュニケーション、言語、論理的思考など)は、はじめ社会的なコンテクストで身につきます。のちに、個人レベルで内面化されます。本質的には、経験と評論的な判断をもたらすものほどよい学びはありません。

ファシリテーターとしての教師

教師は、コンテンツの提供者ではなく、ファシリテーターの役割を果たすべきだ。

生徒は自分で道を切り開きます。それに教師が付いていきます。今日助けを得て子どもができるようになったことは、明日彼らが自分でできるようになることです。

ヴィゴツキーによれば、学びは塔のようです。ステップバイステップで構築しなければいけません。基礎的発達、社会構築主義、 足場のコンセプトに密接に関係しています。

社会的適応

他の人を通して良い自分自身になる。

ヴィゴツキーは、社会的適応のみがニーズを満たしてくれると考えていました、文化はわたしたちのニーズの大部分を占めることを覚えておきましょう。精神は、精神がある文化からは完全に独立できません。こういった意味で、わたしたちは社会的な存在であり、孤立した個々ではありません。

円

ヴィゴツキーは、会話などの複雑な心理機能についても話しています。彼はそれらを問題解決において価値のあるものと見ていました。ポジティブな本質を持ち深い彼の哲学は、環境の重要性を強調する試みです。さらに、これらの環境がわたしたちの発達に及ぼす力です。

わたしたちは常に変化しています。文化と経験は人生の2つのメインのコンパスです。