恋愛関係における権力争い

05 2月, 2020
恋愛関係においては2人共が力を持っている必要があります。物事を決めることが必要になった時、両者が同じニーズ、好み、欲求を持っているわけではありませんよね。こういった場合に、恋愛の権力争いが行われます。

恋愛において、力は繊細なトピックです。意識的または無意識的に、2人とも相手を支配する立場にいたいと考えます。そして権力争いは、責任、親密さ、性的関係など様々な状況でカップルに影響を与える可能性があります

恋愛関係の権力争いによって生じる緊張は必ずしも悪いものではありません。しかし、権力を得るために使う方法がよくないものである時、または相手より優勢に立つ人が、二人の関係のためではなく自分の利益のために力を使ったり、支配しようとする時に問題が生じます。

恋愛 権力争い

 

恋愛関係における権力争い

カップルは動的存在で、常に互いにいろいろなものを交換しあっています。一般的な社会的属性や、特に愛情表現という文脈において、説得や支配は権力争いのサインかもしれません。

カップルの権力争いは複雑な問題になりえます。これは変化、期待、欲求、ニーズなどに敏感です。しかしある程度の期間が経つと、カップルは心地よいと思える安定性を獲得します。あなたが物事を決める時もあれば、相手がそうする場合もあります。

例えば、つきあっている二人のうち一人が旅行の行き先を決め、もう一人が宿泊先を選びます。さらに関係のしっかりしたカップルは、このような取り交わしがよくあり、お互いの好みや互いに関する知識を共有しています。

この場合、どちらが優位と決まっているわけではありません。一人がもう一方の上に立ち、相手はそれを受けいれるというのは悪いことではないという事実は、注目に値するでしょう。ところが、力を保持するために相手を傷つけるようになると、問題が生じてきます

恋愛 権力争い

 

恋愛関係における権力争いに関する問題

通常、恋愛関係における力はバランスがとれていることが多いものです。カップルは自らそれを調整します。状況を統制したがる人には向いているでしょうが、2人ともその傾向がある場合、衝突します。

ときには自然にバランスが保てなくなることがあります。恋愛関係における権力争いが起こる状況を次にご紹介します。

「愛することは、相手の幸せに喜びを見出すことだ」

-ゴットフリート・ライプニッツ-

状況1 支配的な2人

カップルの両方がリーダー的である場合です。このケースではケンカが多くなります。2人とも自分が正しくあることにに慣れているため、権力をゆずることが難しいのです。

もしあなたのパートナーとの関係がこれに似ているのであれば、積極的にお互いを理解しようとするという解決法があります。そのためには、共感力を高める必要があります。共感は非常に有益だと分かるでしょう。

状況2 従属的な2人

カップルの両方がその関係を引っ張っていこうとしない場合、不快感や無力を感じることがあります。これにより不安を覚え、長い目で見ると関係を壊すことになりかねません

多くの場合、自分の考えをお互いに共有し、時々物事を決める役を担うなど同意しようと努力することで、この問題を解決できるでしょう。

「あなたの上ではなく、下でもなく、常にあなたの横に」

-ウォルター・ウィンシェル-

恋愛 権力争い

 

恋愛関係における力について

権力争いは、無意識にそして自然と生じます。これは、あなたの決断があなたの興味に沿ったものか洞察した上での決断かによります。

ハネムーン期が過ぎた後、権力争いはより大きな緊張を生みかねません。あなたがその関係に何をもたらすかを理解し、前よりも自分の好みを主張しようとし始める時期に入るのです。

権力争いによりいつもケンカになるのであれば、パートナーと時間を作り、それぞれが何をもたらすことができるか、どのようなストラテジーや議論が有効かそうでないかなどを話し合う必要があります。例えば、セックスや家の掃除についての決断のために相手を精神的に脅すことは良くないなどはっきりさせましょう。

  • Dema, S. (2003). La desigualdad y las relaciones de poder en el ámbito privado. Análisis de las parejas con dos ingresos desde una perspectiva de género. Universidad de Oviedo. España.
  • Díaz, C. (2008). Una pareja, dos salarios: el dinero y las relaciones de poder en las parejas de doble ingreso. Revista argentina de sociología6(10), 203-206.
  • Foucault, M. (1988). El sujeto y el poder. Revista mexicana de sociología50(3), 3-20.
  • Valdés, T., Gysling, J., & María Cristina Benavente R. (1999). El poder en la pareja, la sexualidad y la reproducción: mujeres de Santiago. Santiago: Flacso.