ロマン・ポランスキーの伝記

2019年12月28日
ロマン・ポランスキーは幼少時代にホロコーストを生き延び、有名な映画監督になりました。それからの人生も悲劇とスキャンダルに悩まされてきました。

ロマン・ポランスキーは、最も有名な映画監督の一人です。それと同時に、スキャンダルの多い人物でもありました。しかしこれらのスキャンダルは、映画製作者としての成功に大きな影響を与えていないようです。実際判決のために令状が出されている間にオスカーを獲得しています。

ロマン・ポランスキーの人生は、悲劇と成功の両方によって特徴付けられてきました。彼はホロコーストの生存者であり、同時に多くの人々から「道楽者」「放蕩者」として知られています。誰もが異議を唱えていないように見えるのは、映画を作る彼の才能です。

もうすぐ90歳になる彼は、プライベートでいくつかの幸せを手に入れたように見えます。現在は彼の妻であるフランス人の女優、エマニュエル・セニエと二人の子供と一緒に住んでいます。彼は彼女との生活に満足している自分に時々罪悪感を覚えると告白しました。しかしやっとのことで幸福を見つけたのです。

ロマン・ポランスキー

ロマン・ポランスキーと波乱の幼少時代

彼は、1933年8月18日にフランスのパリで生まれました。彼の父親は、フランスで運試しをしたいと思っていたポーランドの画家でした。しかし、あまり成功しませんでした。母親はカトリック教徒でロシア生まれのポーランド人女性でした。母親はこの父親と結婚する前に一度結婚していました。

彼の両親が犯した1つの間違いは、家族全員に影響を与えました。ナチズムが台頭してきたためポーランドの方がフランスより安全だと判断したのです。ポランスキーが6歳の時にポーランドに移ることに決めました。それから間もなく、ポーランドは侵略され、ユダヤ人迫害が始まりました。

ポランスキー一家はドイツがクラクフに作ったユダヤ人ゲットーに押し込められました。母親が他の家族と一緒にアウシュビッツ強制収容所に連れて行かれ、父親は、マウトハウゼン強制収容所へ移送されました。ポランスキーは漫画を読むためにゴミを漁った幼少時代のことを印象強く覚えています。

ご存知でしたか?:
男性至上主義:社会が一丸となって解決すべき問題

始まりと終わり

ポランスキーはナチスの迫害時代を嘘をつくことで乗り越えなければなりませんでした。金髪で目の色が明るかったので、ユダヤ人であることを否定することができたのです。親戚の何人かに保護してもらい、彼らの子供になりすまして過ごしました。 1943年、母親はガス室で亡くなりました。幸いなことに、父親は強制収容所から生還しました。

それから共産主義時代が到来しました。ポランスキーは、教師によって美術学校から追い出された後、映画に惹かれるようになりました。彼は21歳で最初の短編映画を製作しました。その後、自由な表現活動を求めてパリに移りました。

西ヨーロッパやアメリカの映画を見たとき、そのクオリティーの高さに自分の目を信じることができませんでした。やがて、最初の長編映画「水の中のナイフ」を制作しました。その映画は、ポーランド代表作品初のアカデミー外国語映画賞への出品、及びノミネートも果たしました。

少なくとも彼は仕事に関しては偉業を成し遂げてきました。彼の最も有名な映画は、「ローズマリーの赤ちゃん」、「テス」、「戦場のピアニスト」、そして「告白小説、その結末」などが挙げられます。

こちらもご参考に:
ジェンダー差別の6つの様式

私生活

ロマン・ポランスキーは、妻のシャロン・テイトの死によって、身を引き裂かれるような思いを経験しました。残酷に殺害されたとき、彼女はわずか26歳で妊娠8ヶ月でした。犯人はチャールズ・マンソン率いるカルト教団でした。

ポランスキーは何か胸騒ぎがしたけれども、特に気に留めなかったと言っています。しかし事件のあとは常に罪悪感に悩まされるようになりました。シャロンが殺害されたのは、わずか結婚1年後のことだったのです。ポランスキーは事件の後、すっかり変わってしまいました。

1977年、今現在も話題となっているスキャンダルが発覚しました。13歳の少女サマンサ・ガイマーに性的行為をした嫌疑をかけられ逮捕されました。彼は当時43歳でした。彼女を麻薬漬けにしてレイプしたと言われています。彼は、それは「同意の上」だったと主張しています。釈放後に国外脱出し出廷を拒否しました。アメリカを捨てることを決意し、その後パリへと移住したのです。

MeToo運動の台頭により、さらに多くの告発が明らかになりました。これにより彼の「道楽者」「放蕩者」としての悪評は高まっています。それにもかかわらず、彼は新しい家族と順調に生活を送っています。そして映画製作の世界でも彼の作品は高い評価を得続けています。

  • Moldes, D. (2005). Roman Polanski: La fantasía del atormentado. Ediciones JC.