繊細過ぎると言われるとき

2018年7月22日 in 感情 0 シェア済み
瞳

「繊細過ぎるよ。大したことないことで大騒ぎしすぎ。」繊細過ぎるというのは、多くの人が毎日聞く言葉かもしれません。 しかし、これを無害と見るのではない人もいます。これを迷惑や攻撃的と見る人もいます。自分に対して疑問を持ち始め、コントロールを失っていると感じることがあります。

言葉は時にどんな武器より人を傷つけます。同じように重要なことは、あなたのメッセージの解釈の仕方です。突然、期待していないようなどうプロセスしたらいいかわからない言葉を投げかけてくる人がいるかもしれません。

「あなたが言うことは気にしない。共有してくれることのほうが大事。」
-サントッシュ・カルワー-

繊細過ぎ。もう何も言えないじゃん。小さいことで騒ぎすぎ。」変に聞こえるかもしれませんが、たくさんの人間関係の中で繰り返されるメッセージです。わたしたちに最も影響を与える言葉のひとつです。

これらの言葉があなたにネガティブな影響を与える理由はシンプルです。感情を認めないからです。強い感情を押さえつける壁が思考に影響を及ぼし、自分には問題があるのかもしれないと思い始めます。

この段階の裏側にあるものを知る必要があります。このようなことを言うひとが考えていることは何か、そんな時何をすべきか見ていきましょう。湖

「繊細過ぎる」という言葉を人生で何度耳にしたか

アナは同僚と一緒にコーヒーを飲みに行きました。会話の途中で、過去数か月で上司との歩調を乱していると感じていることや、上司が定めたゴールを達成するのが難しく感じていることを話しました。そこで、同僚のひとりが次のように言いました。「何言ってんの、あなたは上司のお気に入りじゃん。繊細になりすぎてるんだよ。小さいことで騒ぎすぎ。

これを聞いた後、アナは黙り込んでしましました。沈んだ気持ちでカフェを後にして、コメントを落ち着いてプロセスすることができません。このメッセージが自分に悪い影響を及ぼしていることはわかります。傷ついた明確な理由があります。アナのボスとの関係は本当に緊迫しているのです。これに関して同僚は同意していません。さらに、アナが本気で感じていた不安を理解していないコメントに傷ついたのです。

このような例を経験したことがあるかもしれません。そして自分に疑念を抱きます。自分の気が弱くて問題のないところに問題を見ているの?コントロールを失っているの?結論にたどり着く前に、これから紹介することを考えてみてください。

花と女性

「感情的な脳は、考える脳より物事にもっと早く反応する。」
-ダニエル・ゴールマン-

「繊細過ぎる」ってどういうこと?

まず初めに明らかにしておくべきことがあります。「繊細過ぎる」ということは「ハイリー・センシティブ」ということではありません。この2つは実は全く違うことです。

  • 繊細」な人は、他人や周りの環境と感情的な観点からコミュニケーションを取ります。人間同士のかかわりに関しては、人間関係の質を理解しており、小さなことにも気づきます。ムードについて話したり、相手の思いやりや尊敬を大事にします。人からこのようなことを受けないとき、苦しんだり気分を害します。
  • トムキンの9の法則によれば、自分の感情を理解しそれと繋がるための自分だけのスクリプトがあります。しかし、他人の内面の状態がまるでわからないような人もたくさんいます。そういうひとは、繊細な人に対して大げさに言っていると言って反応します。
  • あなたの感情的な現実に全く共感しない人もいるという事実も忘れてはいけません。むしろそれが不快だと感じる人もいるでしょう。

本当はまったくもって普通の感情的なパターンを大げさだとみる人がいます。そういった人はただ単に、気持ちやあなたの人格を理解していないのです。

他人が自分の感情を傷つけるのを許さないで

みんな物事には自分の方法で反応します。それぞれが自分の世界の理解の仕方、感じ方、体験の仕方を持っています。だから、誰かがあなたに大げさと言ったり、幸せすぎと言ったり、感情的すぎと言ったりすることは、あなたのパーソナリティーに影を落とす行為です。人間としてのあなたを無効にする行為です。

「過ぎ」という言葉はここではネガティブな意味合いを持ちます。別の言葉を使って、異なる方法で問題について話すべきです。 「繊細過ぎ」という言葉を使うのではなく、もっと便利で生産的な言葉を使うべきです。 例えば、「これはあなたに影響を及ぼしてると思う。どういう風に対処するつもりなの?何かわたしにできることはある?」と言ってみてはどうでしょう?

女性の横顔

こういったフレーズは普段あまり使われず、誰かに「ハイバーセンシティブ」と言われたときは自分でもう一度考えてみる必要があります。繊細で感情的な視点で世界を見ることは、ネガティブでも罰を受けるべきことでもありません。それはあなたという人間です。あなたの呼吸の仕方であり、あなたの感じ方です…

だから、誰かが間違ったフレーズを使用した際に考えすぎないでください。結局、彼らは本当のあなたを理解できていないだけです。

あなたへおすすめ