神経心理学的リハビリの突破口

23 12月, 2019
新たなテクノロジーは健康の分野で幅広く利用されています。アプリやバーチャルリアリティーなどのツールは、すでに神経心理学的リハビリで使われています。ここでは、これらを最大限に利用するために、よく使われるツールや利点を学びましょう。

新しいテクノロジーは人々の生活に影響を与えてきましたが、健康の分野でも重要になってきています。そのひとつが、神経心理学的リハビリです。ここ数年、神経心理学的において新たなテクノロジーが進化しています。新しく細かい測定装置の発展に役立ち、しかも経済的で簡単に使えます。しかし、これらの新しいテクノロジーは神経心理学的リハビリにおいては、まだ新しい存在です。

 

神経心理学的リハビリの利点

神経心理学的における新しいテクノロジーにより、人々へのアクセスが広がっています。例えば、動くことが難しい患者にとってこれは素晴らしいツールです。同様に、コンピューター化された支援により、利用者に合わせたより詳細なデータ、個人的治療の機会が広がっています。

一方で、個人や集団に使いやすくなったため、公共や個人の施設の患者は減ってきています。この新しいテクノロジーは、複数の患者を一度に治療することを可能にするのです。

神経心理学的リハビリ

どんなに進化したものであっても、専門家がこれらのテクノロジーを監視することが必要になりますが、評価や介入は偏見のないものになります。同様に、常にプロトコルに従い、同じ刺激やエクササイズを繰り返すことができます。新しいテクノロジーはまた、患者の経過を追うことも可能にします。

そして、新しいテクノロジーは、医学的介入に対する堅苦しい思いを減らすことができるようです。そうは思われないかもしれませんが、昔ながらのメソッドと比べ、利用者のモチベーションを高めます。これらの新しいテクノロジーは、能力の回復や訓練をしながら、患者がより楽しめるタスクを行っていると感じることを可能にしているのです。

 

欠点は?

新しいテクノロジーは、神経心理学的リハビリにおいて多くの利点がありますが、欠点がまったくないとは言えません。まだ、治療の経過の中で常に質の高い情報が得られるとは限りません

また、利用者がテクノロジーの使い方を知っておく必要があります。単に利用法を知っておくというだけでなく、知識がないと治療に影響する可能性があるのです。

 

必要なツールは?

新しいテクノロジーは、認知治療と特定のリハビリに携わります。これらのツールは、特定の集団(子ども、高齢者、障害者など)を対象に作られていますが、誰でも使うことができます。

最近、神経心理学的リハビリでもっともよく使われる新しいテクノロジーは、コンピューターソフトウェアとバーチャルリアリティーの2つです。

神経心理学的リハビリ

コンピューターソフトウェア

認知治療には、コンピューター化された道具も含まれます。最近では多くの選択肢がありますが、どれも効果的あるいは無効だと証明されていません。

もっとも使われているプラットフォームはNeuronUpです。NeuronUpでは、認知刺激やリハビリを行います。基本的認知機能、日々の雑用、ソーシャルスキルの訓練が組み合わされています。また、昔からあるメソッドとの組み合わせも可能です。

高齢者向けの認知訓練のソフトウェアはたくさんあります。例えば、 Mementia, Kwido, VITRA-EL などは、認知障害や認知症を患う健康な高齢者のためにデザインされたシンプルなゲームを使い、認知機能を訓練します。

また、CloudRehab など、遠隔地でセッションを行い、訓練、管理が可能なアプリもたくさんあります。これは、脳損傷や動作問題があり、神経心理学的リハビリを必要とする人向けの無料の携帯アプリです。CloudRehab は、クラウドに動画をアップロードし、家で訓練することができ、家を出ることなく専門家が見てくれるというものです。

神経心理学的リハビリ

 

バーチャルリアリティー

バーチャルリアリティーは豊かな環境を作り、評価や介入は、より生態学的で一般的にものなっています。この新しいテクノロジーは、自分で場所を選ぶことができます。都市、家、特別な条件など神経心理学的リハビリを続けたい場所を作ります。

神経心理学的リハビリにおけるバーチャルリアリティーは、まだ発達段階です。動作問題をもつ患者や高齢者では、良い結果が多く出ています。

バーチャルリアリティーのツールには、VinCI があります。これは、生体自己制御を行う機会を与えてくれます。つまり、経過を知り、本人のニーズに合わせ、修正されるようになっているのです。

 

神経心理学的リハビリの未来

テクノロジーが急速に発展していることは間違いありません。これは、神経心理学的リハビリのツールの発展においてとても良いことです。今すでに、リハビリにアクセスしやすいツールがたくさんあります

有効性と妥当性はまだ試験されている途中ですが、これらのテクノロジーは、きっといい効果をもたらしてくれます。

  • Soto Pérez, F. Franco Martín, M. y Jiménez Gómez, F. (2010). Tecnologías y neuropsicología: hacia una ciber-neuropsicología. Cuadernos de neuropsicología, 4(2), 112-130.