侵入思考をとめるための6つの方法

· 2018年10月23日

ギ・ド・モーパッサンはかつて次のように言っています。「病的な思考は、熱や過労より人の肉体を巣食う。」誰だって、ネガティブな思考を持つことがあります。問題は、これが強迫観念になった時です。それでは、侵入思考をとめるにはどうしたらよいでしょうか。

繰り返されるネガティブな思考が数時間、数日続いたらどうでしょうか。これは危険な強迫観念となり、健康に影響します。しかし、ここでよいお知らせです。精神的な習慣を変え侵入思考をとめるためには、特定の方法を使えばいいだけです。

不安症を引き起こす思考や思い込みで朝目覚めたとします。1日を過ごす中で、この緊張を呼ぶ考えは何度も戻ってきます。これが侵入思考です。

侵入思考とは?

誰だって、時にはネガティブな思考が一瞬脳裏をよぎることがあります。しかし、それを忘れることができずに自分の心の中でぐるぐる回るのを許し、根深い思考に変えてしまうと問題になります。ここまでくると、思考は厄介で危険なものにすらなります。

悩む女性

これらの思考で幸せを感じる人なんていません。それなのに、腕を広げて迎え入れてしまいます。不便なのは、これらの思考が常に恐怖、恐怖症、心配、トラウマ、弱さに関するものであるということです。しかも、こういった思考が侵入してくると、別のものには集中できなくなります。

はじめに起こる感情的な痛みに加え、侵入思考はかなり疲弊させられるものです。連続的でネガティブな思考は、苦しんでいる本人だけでなく、その人が信頼している人まで疲弊させます。さらに、侵入思考は現実をわい曲して、本当の現実とは何の関係もない動揺するような状況を作り出してしまうまでに至ります。

このような現実のわい曲は、感情的な健康に害があり、不安を高め、気分にネガティブに影響します。その結果、自分や自分の人生に対するネガティブな思考があらわれます。例を見てみましょう。

  • 希望がない。
  • 大失敗する。
  • 自分には価値がない。
  • 自分が嫌いだ。
  • 自分は使えない。
  • 自分は失敗作だ。

最悪なことは、あなた自身がこれを信じてしまうということです。しかし、これらの思考は不安によって作られたものです。侵入思考をとめたいなら、これからご紹介することを試してみてはどうでしょうか。

「人の人格の領域は、その人の正気を失わせてしまうほどの問題の度合いに定義される。」
-ジークムント・フロイト-

侵入思考をとめるための6つの方法

効果的な方法は、連続的でネガティブな思考をしっかりと止めることです。簡単かつ効果的な方法をご紹介します。

とめようとしない

脳を無理やり止めようとすることで、上手くいかないだけでなく、状況が悪化することが研究でわかっています。

受け入れて合理化する

不安の感情や、このような思考はあなたをだましているだけと受け入れることで、リラックスできて、あまり考えなくなります。

書き出す

侵入思考を書き出すことは、吐き出してリラックスできるだけでなく、脳に記録として処理されます。これによって脳がそのことを頻繁に考えることをしなくなります。さらに、あとで読み返してみると、それがどれだけ不合理であったかがわかります。

「認識できるほどの特徴がありながら、実際には感知できない不合理なものが強迫観念になります。」
-サルバドール・エリソンド-
書き物

運動と瞑想

運動はコルチゾールとアドレナリンを減少させ、ドーパミン、エンドルフィン、セトロニンを増加させます。これによって、不安症、ストレス、悲しみが、穏やかさ、幸せ、自尊心と入れ替わります。しばらく侵入思考が入ってこなくなります。瞑想も思考をコントロールして、注意を今に戻してくれる良い方法です。しかもとってもリラックスできます。

思考を手放す

侵入思考が現れたら、そのことを考えすぎないようにしつつ、無理にとめようともしないでください。ただ単に、そのままを受け入れてください。リラックスして集中できる別のことを見つければ、その思考はいなくなります。

ビタミンB群を摂取する

ビタミンB群が不足すると、直接的に神経システムの機能に影響します。野菜、フルーツ、肉、乳製品を食べて、ビタミン摂取量を改善させましょう。

 

想像できると思いますが、侵入思考をとめる方法はたくさんあります。しかし、共通しているのはひとつ―忍耐強くいることです。