心理的発達理論:固着と退行

2019年9月6日
成長プロセスにおいて、通常進化、固着、退行の時期があります。これは私たちの心理にどのように影響しているのでしょうか?

固着と退行は、周囲との関係から生じる可能性があります。通常の環境では、生物は成熟するまで自然な発達過程を経ます。ただし、成長は完全に一直線ではありません。通常の成長プロセスであっても、発達、固着、退行の時期があります。

「固着」は、その段階に固執・執着し、次の段階へ進めないことを意味します。つまり、前進も後退もしないときを指しています。発達のプロセスが停滞しているという意味ではなく、その発達に抵抗があるということです。

退行は不適応を起こして前の段階に戻ることを意味します。たとえば、あなたはすでに進んだ段階にいるのに、いつでも、どんな理由であっても、退行する可能性があります。これらの固着と退行を人間が経験するのはなぜでしょうか?私たちにどんな影響を及ぼすのでしょうか?

「私たちは常に退行という方法でショックに対応するとは限りません。時に、危機に直面すると、人間はより早く成長するでしょう。」

-ナオミ・クライン-

心理的発達理論 固着 退行

発達要因としての性欲

固着と退行は本質的に性欲と関連があります。心理性的発達理論では、性欲は喜びを得ることに焦点を合わせた精神的なエネルギーであり、満足を求めさせる欲求です。性欲や性衝動は、多くのものによって引き起こされる可能性があります。それはそれぞれ個人の発達のプロセスによるでしょう。

性欲は本能的な衝動です。フロイトによると、性欲はいくつかの段階で発達します。これらの各段階では、満足度は身体の特定の領域とそれらに関連する行動と関係があります。

口唇期。喜びは主に口からもたらされます。母乳を吸うことと関連し、性衝動の満足は主に口唇周辺に求められます。

肛門期。離乳後に始まります。快い感覚は直腸と隣接する領域にあります。排泄のしつけと関連し、肛門の感覚を楽しみます。具体的には排泄後の快感がそれにあたります。

男根期。関心が男根に集中する時期です。喜びは、基本的には自慰行為により、性器を通してもたらされます。

潜在期。幼児性欲は一時影をひそめ、子供の関心は知的方面に移行し、比較的感情が安定する時期です。

性器期。性的欲求は、思春期から成人期に移行する間に強まります。喜びは性交を通じて得られます。

心理的発達理論 固着 退行

ご存知でしたか?:
強い自己意識を育むことに関するフロイトの意見

固着と退行

心理性的発達理論によると、固着は性衝動の発達において、これらのいずれかの段階が持続することを言います。人は口唇期や肛門期の段階で立ち往生することがあります。そのステージに関する特徴のみが現れます。

対照的に、退行とは、数段階戻ることを意味します。例えば、新しい兄弟が生まれるとき、その兄や姉によく見られるいわゆる「赤ちゃん返り」と呼ばれる現象です。お世話をしてくれる人の注意を引くために、とっくに卒業していたはずの母乳を求めたり、再びおねしょやおもらしをしたりします。

大人であっても退行に苦しむことがあります。たとえば、喫煙者や飲酒者は口唇での行動から喜びを受け取ります。これは口唇期の失われた喜びを探しているのです。

心理的発達理論 固着 退行

こちらもご参考に:
フロイトとユングの10の相違点

固着と退行が起こる理由

固着と退行は防御メカニズムです。意識的な方法で対処するための心理的ツールを持たない際に、悪い状況に対処する無意識の方法なのです。

固着は、ある段階で欲求不満が多すぎるときに起こります。性欲のそれぞれの発達段階では、近くにいる大人(特に親)が重要な役割を果たします。性欲の満足度や限界度に不足がある場合、固着が引き起こされる可能性があります。

一方、心的外傷体験があると、退行が現れる傾向があります。前の段階に戻るということは、その経験と課題を拒否しているということです。したがって、現実が自分が期待していたものとかけ離れていた場合、退行が起こり精神的に崩壊する可能性があるのです。

Kohut, H. (1989). Análisis del self. El tratamiento psicoanalítico de los trastornos de personalidad. Buenos Aires: Amorrortu.