知っておくべき不安症の症状

2019年4月7日
不安症の症状は、個々の患者が苦しんでいる心理的な状況によって、人それぞれ異なります。

人によって、不安症の経験の仕方は異なります。不安症は、色が変わることはないけれど、それぞれの容器に合わせて形を変えられる液体のようです。すべてのケースで、不安症は問題を鬱積したような心理状態へと繋がります。どんな問題も2倍重く感じられ、どんな躓きも巨大なものになっていきます。

今日、不安症に当てはまるとされる診断数は、鬱の診断数と同程度です。そうであるために、これら2つの現象を同じ硬貨の異なる面として捉えたくなる傾向があります。さらに、診断の数は毎年増加しています。また、男性よりも女性が不安症の影響を受けています。

不安障害を診断する困難

英国王立精神科医学会が行った研究のような例は、不安症に関して正確な診断をすることが容易ではないということを示しています。異なる分野の様々な専門家 (内科医、精神科医、看護師、心理学者、理学療法士など)がこの研究に参加しています。彼らは、不安症の症状を他の臨床的な症状と混同してしまうことはよくあることであるとしています。

お腹の痛みは、必ずしも消化不良によって引きこされるわけではありません。背中の痛みも姿勢だけが問題なのではありません。実際、不安障害はたくさんの問題を引き起こします

「苦悩の激しさは、影響を受けている人にとってその状況にどれだけの意味があるかということに比例しています。本人が不安症の原因を意識しているかどうかに限らずです。」 

-カレン・ホーナイ-

 

仕事

不安症の症状の5つのエリア

不安症の症状は5つのエリアに分類することができます。人によって異なる症状を経験することが一般的です。 例えば、社交不安の人は、ふるえ、うずき、めまいなどの典型的な症状に苦しみます。認知的な症状に苦しむこともあります。

 

各分類の特徴を見ていきましょう。

身体的な不安症の症状

  • 頻拍
  • 息切れ
  • 胸の苦しみ
  • めまい
  • 筋肉の緊張
  • 腹痛
  • 疲労
  • 頭痛

また、これらの症状が激しく長期にわたる場合、より深刻な病気になることもあり得ます。例えば、不眠症、摂食障害、性欲減退、免疫力低下などです。

これらの不安症の症状によって、身体的な病気を患っていると思ってしまいがちです。そのため、これらの症状の根幹となる原因を見つけ出してくれる精神科医を見つけることが重要です。

苦悩
認知的症状

認知的な症状は、不安症が生み出す思考に関連しています。一般的なものを見ていきましょう。

  • 継続的な心配
  • 壊滅的な思考
  • 記憶問題
  • 大事ではないことを極端に気にかける
  • ストレス
  • 集中力の問題
  • 決断力の低下
  • 強迫観念的思考
  • 空虚感
  • よく知っている環境での馴染みのない感覚
  • 疑念
  • コントロールを失う恐怖
  • 自殺願望

感情的症状

感情的不安も、特に継続的であれば考慮すべき点です。

 

行動的症状

最も頻発する不安症の症状は、回避です。このタイプの病気の患者が特定の状況や行動を避けることはよくあることです。例えば、コントロールできないようなパニック発作に苦しむかもしれないと感じます。不安によって、自分の立っている場所は地雷危険区域であると思い込むかもしれません。

そのため、次のようなことを経験することがよくあります。

  • ふさぎこんだ気持ちになる、あるいは衝動的な行動に出る
  • 極端に遅い動きや異常活発などの体の表現の変化

社交的症状

  • 会話が続かない、あるいは異常に話す
  • かつて楽しんでいたような趣味への無関心
  • 孤独や孤立
  • 仕事や友人との交流などの共通の活動の回避
影

お分かりいただける通り、不安症の症状には様々あります。かなり疲弊させられるものばかりです。もしこのような状況に陥った場合は、躊躇せずに専門家の治療を受けましょう。

多くの人は、自分の不眠症、疲労感、継続的な頭痛の本当の原因に気づかないまま、内科の診察を受けています。もしかして、精神科医にかかることで、精神的、肉体的、感情的福祉を改善することができるかもしれません。

 

  • Ellis, Albert (2013) Cómo controlar la ansiedad antes de que le controle a usted. Ediciones Paidós
  • Mulholland, C. (2017). Anxiety disorders. In Psychiatry by Ten Teachers, Second Edition (pp. 78–91). CRC Press. https://doi.org/10.1201/9781315380612