小児がん-QOLを向上させる方法

2019年4月25日

毎年、15歳以下の子供たちの約900人ががんと診断されています。確かに、医療の発達により寿命を延ばすことは可能になりました。しかし、病気を治す上でそれだけが重要なことではありません。QOL(生活の質)に目を向ける必要もあるのです。

病気や治療の副作用に着目しなくてはいけません。そのため、患者のあらゆる苦痛を軽減させるために、最も効果的な心理的な療法を集結させる必要があります。また、どのような介入が子供の鬱や不安症を取り除くのに最も適しているか知っておくべきでもあります。病気の最中や症状が感知する過程で、子供の生活の質を高めことはとても大切なのです。

小児がん-がんが子供に与える影響

小児がんを患っている子供たちは、身体的症状のみならず精神的症状にも苦しんでいます。身体的症状には、嘔吐や体重の減少、倦怠感などがあり、感情面においては、怒りや恐怖心、孤独、不安感などに直面します。

がんだと診断された年齢によって、病気の現れ方は異なります。小さい子供たちは痛みへの不安や、親から離れることへの恐怖感などが見られます。それより年長の子供の場合は、孤独感が現れ始めます。そして、10代の子供たちは、死の恐怖や身体的変化によるストレスを感じます

病気の子供

最も頻繁にみられる心配事が痛みです。このような苦痛は病気そのものから生じることもあれば、医療措置によって生じることもあります。例えば、骨髄穿刺や骨髄生検には強い痛みが伴い、頻繁な手術が求められます。

また小児がん患者は放射線治療や化学療法、採血など、がんそのものよりも痛みがある処置を受ける必要があります。さらに、睡眠障害や倦怠感、不安障害、うつ病、社会的問題などに悩まされることもよくあります。

小児がんにおける心理的介入

がんの診断は、家族にとても大きな精神的衝撃を与えます。その後、そのことを子供に伝えるかどうか迷うようになります。このようなケースでは、何をどのようにするか専門家と相談することで、家族と子供どちらにも助けになります。

がんの診断はとてもデリケートな問題であり、多くの理解や思いやり、そして何よりもサポートが必要です。

病気の影響や治療の特徴、病気の進行具合などは、不確かさへの不安と共に、解決しなくてはいけない多くの疑問を生み出します。心理的介入は、このような疑問の答えや、少なくともその状況との向き合い方を教えてくれます。

以下が、様々な状況において効果が実証されている治療法です。簡単に理解してもらうために、上で挙げた主な症状に対する一般的な治療法をまとめました。

  • 吐き気や嘔吐の緩和:誘導イメージや催眠術、系統的脱感作を用いた筋弛緩の促進
  • 疼痛コントロール:気をそらせる、想像、呼吸やリラックストレーニング、ポジティブ強化、ミュージックセラピー、催眠術などを用いる。
  • 倦怠感の緩和:気をそらせることや優先順位に基づいて活動を計画する。
  • 不安障害の治療:呼吸やリラックス技術、楽しいシーンの可視化、適切な行動の強化、分化強化、ポジティブな自己言語化などを用いる。
  • うつ病の治療:心の教育や楽しいアクティビティ、認知再構成法をもちいる

がん治療後の新たな人生の受け入れ方

小児がんの現在の生存率は80%近くとなっています。これは希望がもてるデータであるとともに、科学者たちは様々な治療法を発達させることで、生存率を100%に近づけようとしています。しかし、がん克服者になるということはどのようなことなのでしょうか?

がんはとりわけ、長期間の入院生活が求められる病気です。小さい子供の患者たちは、学校に行けなくなり、クラスメートや先生と会う機会も極端に減ります。そして、病院外との接点も少なくなります。これにより、社会の輪が狭まってしまい、社会に復帰する際に困難を抱えやすくなります。

手でハートを作る

クラスの一員に戻る

たとえば、学校に戻ることには複雑なプロセスが伴います。子供のみならず親も恐怖心を抱きます。中には、親から離れたがらない子供や、身体的差異(脱毛や手足の切断)などを心配する子供もいます。そして、親たちも自分の子供が友達から拒絶されてしまうのではないかと不安になったり、健康に害となる病気にかかってしまうのでないかと心配になります。

このようなケースでは、子供や家族全体、さらには子供の担任の先生に対して有益な情報を提供することが望ましいでしょう。子供の学校への再編入は、時間のかかる適応プロセスなのです。

病気や治療に関する情報を提供するために学校職員との面談を持つこと、学校に戻るための準備としての予備アクティビティ、病気の理解促進や、新しく入ってくる生徒の必要性などを伝えるためのプレゼンテーションなど、いくつかの介入方法はその効果がすでに証明されています。

結論として、精神的支えや多岐にわたる専門家たちの介入を忘れないことで、難しい時間を過ごしてる小児がん患者やその家族のQOLを向上させることができるのです。