スティグマトフィリア:ピアスやタトゥーへ感じる性的魅力

· 2019年4月24日

ボディーアートには、何万もの種類があります。体の表面がある分だけ施すことができます。そしてピアスやタトゥーに一生懸命な人もいれば、中にはそれらに性的魅力を感じる人がいます。スティグマトフィリアと呼ばれる人達です。

スティグマトフィリアの人は、ピアスやタトゥー、傷跡に魅力を感じます。墨やピアスで飾られた肌を見たり、触ったり、感じることが好きなのです。

 

スティグマトフィリアの基本

現在、ピアスやタトゥーは社会的境を越えて人気があり、思春期の若者にとって、特別な意味をもちます。この関心の高まりのおかげで、一般には広く知られていない興味深いスティグマトフィリアのケースに光が当たるようになりました。

スティグマトフィリアの人は、誰かが何らかのボディーアートをいれているだけで注意を奪われます。しかし、これは、その人のタトゥーが入ったすべての肌に触れたい、また、ピアスの耳にキスしたいといった衝動を意味するわけではありません。

単に、その人に魅力を感じることを意味するのです。タトゥーとピアスの両方でなく、どちらかのみに魅力を感じる人もいます。タトゥーやピアスがない人に対しては無関心で、刺激を感じません。

女性の後ろ姿

 

一部には、スティグマトフィリアはパラフィリア

専門家の多くが、スティグマトフィリアはパラフィリアの一種だと考えます。パラフィリアは、性的行動パターンで、異常な物事、状況、活動や人に快楽を見出しますパラフィリアの人は、性的刺激に非常に特殊な内容や要素を必要とします

一部の心理学者は、タトゥーやピアスに含まれる苦しみがスティグマトフィリアの人を惹きつけるのだと考えます。つまり、人の痛みがスティグマトフィリアの人を共感させ、それ以上のものを促すのです。

 

または、単なるフェチ

足、靴、ランジェリー、仮面、大きなお尻、厚い唇などに刺激を受ける人にスティグマトフィリアは似ていると考える専門家もいます。彼らは、これをフェチだとしています。

この観点から言うと、性的魅力を感じるために、タトゥーやピアスは必要不可欠ではありません。ボディーアートがなくても、満足のいく関係がもてます。しかし、それがあると、快楽が大幅に高まるということです。

 

性的逸脱の一種?

スティグマトフィリアは、社会にいくらかの拒絶を受けますが、性的倒錯や精神疾患ではありません。それは、他者を傷つけることが含まれないためです。精神的な病気に含まれるには、2つの条件があります。ひとつは、病気の人が、他者を傷つけることです。そして、もうひとつは、その行動が、しつこい不安やストレスの原因になることです。

スティグマトフィリアは、本人や魅力を感じる対象を傷つける行為は含まれません。すべてのケースがユニークですが、抑えきれない欲望ではなく、性的行為によってのみ満たされる性的倒錯でもありません。

 

なぜ、タトゥーやピアスなのか?

タトゥーもピアスも古代の習慣であることから、その理由は人類学的なものかもしれません。古代ローマ時代、カエサルの軍事関係者や護衛は、乳首に輪っかをつけていました。被服の装飾品であること以外に、それは、剛健や勇気の象徴でもありました。

また、他の古代文化や文明では、部族のタトゥーやピアスは美的概念であるか、それにとても近いものでした。実際、タトゥーやピアスは、特に思春期に関係した儀式の一部に取り入れられていました。

タトゥーの足

 

ボディーアートは、自己表現のカタチ

美的観念の一種であることに加え、タトゥーは、ある感情や経験を捉えるものである場合もあります。人生の頂点や感情、信念、宗教的イデオロギー、特別な人や出来事を表します。

ボディーアートは単なる飾りではなく、人のアイデンティティを示す方法のひとつです。スティグマトフィリアの人は、タトゥーの色やデザインのみが好きなのでなく、その意味や内容が好きなのも理解できるでしょう。つまり、タトゥーは、人の内側にあるものを表したものなのです。

先にも述べたように、すべてのケースがユニークです。例えば、ボディーアートに魅力を感じる人の多くが、自分にはボディーアートを施していないこともよくあります。ひとつ面白いのは、好みの体の部分は異なるにもかかわらず、もっとも人気なのは、舌、唇、乳首、性器です。

もし、タトゥーやピアスのある人に対し、鼓動が速くなるのであれば、あなたはスティグマトフィリアかもしれません!