多汗症(過度の発汗)と自尊心について

2019年8月28日
多汗症、あるいは過度の発汗によってかなり羞恥心を感じてしまう可能性があり、これは自尊心にも悪影響をもたらします。この記事を読み進めて、さらに詳しく見ていきましょう!

世の中には多汗症(あるいは過度の発汗)と呼ばれる症状に苦しむ人々がおり、これはほぼ常に社交の場での羞恥心へと繋がってしまいます。従って、この多汗という問題が人々の自尊心に悪影響を及ぼすというのも驚くべきことではありません。

こちらのスペイン語の記事では、多汗症によって人は自然発生的に発汗してしまう、とされています。気温や運動とは関係がないのです。

多汗症の治療法

この多汗症という症状は、その人の日々の生活に大きな影響力を持ち(肉体的にも精神的にも)、自尊心にさえ悪影響を与えるため、患者たちはできる限りこの症状を抑えようとします。

この症状に苦しむ人々が頭に入れておくべきなのが以下のような事柄です:

  • 医師の診察を受け、治療法について提案してもらう。
  • 衛生状態を良好に。この症状によって過度の発汗が起こるのが足であろうと手であろうと脇の下、あるいは他の身体の部位であろうと、ケアのためには衛生状態を良好に保つことが必要不可欠です。つまり、通常よりも頻繁にシャワーを浴びる必要があるということです。こうすることで、体臭の発生を防ぎ、発汗による自尊心へのダメージを防ぐことができます。
  • 全身投薬。医師がその人にとって最善の薬を処方してくれ、投与量を増やすべきか減らすべきかを見極めるために経過を観察してくれます。こういった投薬は、症状が穏やかなケースで効果的です。
  • 手術。もし症状が中度あるいは深刻な場合にのみ、手術を受けることを検討してみてください。手術を受けることができない方には、ガルバニー電流を使った新たな治療法も存在します。

これらの治療法によって、発汗を制限下に抑えることができます。効果的な治療を受けることができれば、社交の場での自尊心が向上することは間違いありません。

多汗症 過度の発汗 自尊心

多汗症と自尊心に関する当事者の声

この症状が自らの自尊心にとてつもなく大きな影響を与えているという場合には、どう自分の症状を受け入れるべきかを知るために、心理学者に相談するのが良いかもしれません。もし何か参考になるようなものが必要なら、デビッド・ブロンカノをご覧ください。彼はスタンドアップコメディアンで、ステージ上で自らの多汗症を笑いのネタにしています。

この症状がある人々は、ジムが居心地の良い場所だと考えるようです。これは、ジムでは誰もが汗をかいているためです。それでも、ジムの外では、彼らは不安や心細さを感じる傾向にあり、自らのパートナーにさえこの問題を隠そうとする人々すら存在します。

だからこそ、ビオレッタという女性が自らの多汗症の経験について語っていることを心に留めておくべきでしょう:“最悪な部分というのは症状ではありません。この症状を抱えながら直面せねばならない周囲の状況全てです”

多汗症 過度の発汗 自尊心

美的感覚についての問題?

多汗症によって自尊心が傷ついてしまう理由は、汗をかくことに関する数多くの社会的通念が存在するためです私たちは発汗を、”体臭”、”汚さ”、そして”不衛生”などと結びつけてしまいます。

しかし、発汗というのは自然なことです。運動している時には気にする人はいないのに、そのほかの状況下では恥ずかしいものとされてしまいがちです。それは、社会的に良しとされていないというのが理由でしょう。

幸運なことに、手術によってこの問題を完全に排除することが可能です。症状が穏やかな場合は、薬によってコントロールすることもできます。多汗症にお悩みですか?生活に悪影響が出てしまっていますか?

  • Hernández Gutiérrez, José Manuel, Salinas Sedo, Gustavo, & Nodal Ortega, Josefina. (2011). Hiperhidrosis esencial, recomendaciones para su tratamiento. Revista Cubana de Cirugía50(4), 597-601. Recuperado en 23 de enero de 2019, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&;pid=S0034-74932011000400023&lng=es&tlng=es.
  • Hernández Gutiérrez, J. M. (2008). Simpatectomía videotoracoscópica para el tratamiento de la hiperhidrosis palmar moderada. Revista Cubana de Cirugía47(3), 0-0.
  • Lorenzo, C. M., Moreno, B. E., Ríos, M. G., Fernández, M. F., Gutierrez, C. V., & Barrilao, R. G. (2004). Exploración y tratamiento fisioterapéutico de la hiperhidrosis palmar. Fisioterapia26(2), 105-113.
  • Vialat Soto, Vivian, Vázquez Merayo, León Alonso, Dania, & López Díaz, Vivian de la Caridad. (2014). Sudor compensador, un efecto no deseado secundario al tratamiento quirúrgico de la hiperhidrosis primaria infantil. Revista Cubana de Pediatría86(2), 207-214. Recuperado en 23 de enero de 2019, de http://scielo.sld.cu/scielo.php?script=sci_arttext&;pid=S0034-75312014000200009&lng=es&tlng=es.