別れの後に自尊心を高めるには

2019年8月28日

パートナーとの別れは、人が経験することの中でも最もストレスを感じるシチュエーションの一つです。それはパートナーのいない新しい生活に慣れるということでもあります。そのため、別れの後には自尊心に気を付けることが大切なのです。別れのせいで自尊心を傷つけてはいけません。そうすることで、自分のことを悪く言ったり、他の人と自分を比べて一人でいることを不幸に感じたりせずに済みます。

パートナーとの別れは、それまであった生活の一部がなくなり、新たな現実に向き合わなければならないということでもあります。こういった場合には、しっかりと手綱を引いて新たな道を歩み始めなければなりません。次へと進むための支えになるのは、私たち自身の強さなのです。

そのため今回は、別れのあとに自尊心を高めるためのポイントをお伝えしたいと思います。別れからの回復のプロセスを、より耐えやすい、ポジティブなものにできるはずです

関係を終わらせる:ページをめくることの大切さ

相手と何年も一緒に住んでいたのであれば特に、別れた後に相手のことを考え続けてしまうのは自然なことです。また、たとえその別れが良き変化であったとしても、乗り越えなければならない辛いプロセスであることには違いありません。しかし、一度乗り越えてしまえば、一緒にしたことや、共通の思い出、元パートナーの良いところなどについても考えられるようになります。

窓の外を眺める女性

最初の数週間が過ぎたころに思い出に騙されそうになるのはよくあることです。その関係の一番良かった部分を思い出し、この決断が本当に正解だったのか疑い始めます。この時期には、次に進めるようになっていることが不可欠です。自尊心を高めるためには、前を向いて、過去から離れることが必要だからです。

過去に終止符を打つことは、別れの後に自尊心を高める手助けになります。未来のことや、個人的な計画、自分の中でより良くしていきたい部分などに目を向けることができるからです。つまりは自分の価値を認められるようになるのです。

どうしてダメになったのだろうと考えることに時間や気持ちを費やす代わりに、その関係を過去に置いて前に進むことで、自分がこれからの人生に求めているものに集中することができます。こんな風に自分に力を与えてあげる感覚は、とても大きな自尊心の印なのです。

自分と再びつながる:自分のことをどう思う?

別れの後に自尊心を高めるためのもう一つのステップは、自分自身ともう一度つながること。自分に意識を向け、耳を澄ませ、自分の要求を満たしましょう。そのためにまず必要なのは、自分を知るエクササイズを行って、自分が自分のことをどのように思っているのかを明らかにすることです。

新たなページをめくって心機一転やり直すと、未来のことや、個人的な計画、自分の中でより良くしていきたい部分などに目を向けることができるため、別れの後に自尊心を高めやすくなります。

自分のことを考えた時に思い浮かぶ形容詞を5つ書き出してみましょう。自分を表す言葉が出てこないときは形容詞のリストを使って、自分を表すポジティブな言葉5つと、ネガティブな言葉5つを選んでも良いでしょう。

このエクササイズは、自分の性格の良い所だけを見て、自分には悪い所はないと思い込むために行うのではありません。悪い側面をも受け入れて、どんな所を改善していきたいのか自問自答することが大切なのです。

自尊心を高めるためのもう一つの鍵は、自分が他の人より上手にできる3つのことについて考えてみることです。どんなに小さなことでもいいので、自分のスキルを挙げてみましょう。ノートに書きだして、朝起きたら毎日思い出しましょう。こうすることで、朝目覚めることと、自分の強みや特技を思い出すこととが結びつき、習慣となるはずです。

健康や外見を気にかけ、習慣化する

別れの後に自尊心を回復する上で欠かすことの出来ないもう一つのポイントは、身体的、心理的なケアを行うことです。そのための最初のステップは、健康に気を付けること。別れやそれに伴うストレスのせいで診察に行くのを先延ばしにしているなら、今がそれを片づけるチャンスです。

自分の健康を気遣うことは必要なタスクなのです。「何か」を愛しているときは、その「何か」に必要なものが全て揃っているか心配するものですよね。これは自分に対してすべきことです。自分のケアを忘れてはいけません!

紙でできたハート

もう一つのキーポイントは、見た目に気を付けるということ。別れの後に自尊心を高めるには、鏡を見たときに、そこに自分のなりたい人が見えることが大切です。鏡を見ることが自尊心にポジティブに作用するようにしたいものです。そのため、一日に数分だけでも、見た目を整えるために使うことはとても大切なのです。自尊心は、自分で自分をどんな風に見ているかにも大いに関わることなのだと覚えておきましょう。

他方で、生活を整えるための新たな習慣を作ることもとても大切です。あなたの自尊心が別れのために傷つけられるのは、新たな状況を受け入れる過程での混乱が原因である場合もあります。整った生活を送ることで気分が改善し、自分が有能で自立した人間であると感じることもできるでしょう。

別れの後に自尊心を改善するには、自分がどんな人間になりたいのか明らかにする必要があります。

自分を優先する

最後のポイントは、自分は自尊心を高め、より良い人間になれるのだと信じること。自分は自分にとって優先すべき大切なものの一つなのだと忘れないでください。

子どもの親権や、引っ越し、予定やルーティンの変更など、別れにはその他の問題が伴うことも少なくありません。人は家族の幸せのために、これら全てのことを優先しようとしがちです。それは決して悪いことではありませんが、このプロセスで自分のことを蔑ろにしてはいけません。周りの人に自分を100%捧げてしまったら、自分のために時間を使えなくなります。そうするといずれ疲れ果ててしまい、周りの人があなたを必要とするときにかえって力になれないかもしれません。

ただし、状況が複雑化し、自分を立て直せないような気がしたら、精神科医などに助けを求めてみましょう。必要な時は人の助けを借りて、力を尽くせばなんだって可能だということを忘れないでいてくださいね。