炭酸ジュースと子どもの攻撃性との関係

2019年6月14日
不思議なことに、いくつもの科学的研究が炭酸ジュースと子どもの攻撃性との関係を証明しています。続きは記事をご覧ください!

炭酸ジュースが子どもの攻撃的な振る舞いを助長すると言えば、奇妙に思う親御さんも多いかもしれません。不思議なことに、これは科学的に事実なのです。いくつもの研究で炭酸ジュースと子どもの攻撃性の関係が明らかにされています。

子どもたちの攻撃的な振る舞いと炭酸ジュースの摂取とには明らかな関連性があると専門家は述べます。しかし、全ての炭酸ジュースがいけないのでしょうか?炭酸ジュースに含まれる砂糖や、カフェイン、炭酸ガス、添加物がいけないのでは?それとも、悪いのはいくつもの要因の組み合わせでしょうか?

炭酸ジュース、子ども、そして健康

子どもたちの食生活から甘い飲み物を取り除くことの利点は少しずつ意識されてきています。医師や栄養士は常々、炭酸ジュースは子どもに無意味なカロリーを与え、結果的に小児肥満率の増加につながっていると主張してきました。砂糖たっぷりの飲み物は虫歯の主な原因であることから、歯科医は子どもに炭酸ジュースを飲ませないようアドバイスしています。

また、多くの炭酸ジュースにはカフェインも多く含まれています。カフェインは単に子どもの気分を変え、夜更かしさせるだけではありません。頭痛や腹痛、神経過敏、不眠症などを引き起こす可能性もあるのです。また、問題行動や神経系の疾患も生じやすくなります。カフェインはたとえ少量でも子どもにこのような影響をもたらします。

炭酸ジュースと子どもの攻撃性との関係

炭酸ジュースと子どもの攻撃性

炭酸ジュースの摂取量に関わる行動問題は決して軽視してはいけません。The Journal of Pediatrics誌にて発表された2013年の研究では、幼い子どもたちの攻撃性、身体的な依存、注意力の問題は、炭酸ジュースの摂取と密接に関わりがあることが明らかにされました。(Suglia, 2013)

アメリカの20の都市で、3000人の5歳児を対象に研究が行われ、ソフトドリンクの消費が攻撃的な振る舞いに関連するということが分かりました。

研究者たちは、うつ病の母親、投獄中の父親、家庭内暴力などの関連する要因を除外することにより、こういった飲料の影響を特定するよう試みました。また、一日にグラス4杯以上の炭酸ジュースを飲んだ子どもたちは、2倍の確率で他人の所有物を壊しやすいという結果となりました。

関係ははっきりせず

炭酸ジュースと子どもの攻撃性との関係はあまりはっきりしていません。炭酸ジュースは加工品であることから、アスパラギン酸やリン酸などの成分が子どもの行動問題の背後にあるのではと研究者たちは疑っています。

カフェインもまた子どもたちの行動問題を引き起こすため、研究者たちはカフェインの含有も問題の一端を担っていると考えています。

さらに、砂糖を多く含む飲み物の大量摂取もまた血糖値に影響します。血糖値が低いと子どもは炭酸ジュースが飲みたくなり、攻撃的になったり内気になったりもします。

十代の炭酸ジュース消費の危険性

十代の炭酸ジュース消費が子どもの振る舞いや感情面での問題と関連しているということもまた、複数の研究によって明らかにされています。The International Journal of Injury Control and Safety Promotion誌で発表されたある研究(リンク先は英語)では、炭酸ジュースの消費と十代の若者の攻撃性、うつ、自殺行為とが関連付けられています。(Solnick and Hemenway, 2013)

専門家によれば、十代の子どもは炭酸ジュースを飲めば飲むほど、より喧嘩をしやすくなるのだそうです。さらに、憂うつや絶望を感じやすくなったり、自殺念慮を抱きやすくなったりするということが分かっています。

炭酸ジュースと子どもの攻撃性との関係

攻撃的な行動は、炭酸ジュースと関係する可能性がある

簡単にまとめると、子どもの攻撃性を増す多くの要因のうち、炭酸ジュースの消費は関連する一要因であると言うことができます。実際に、子どもたちの食生活からそのような飲料を取り除くと、彼らの振る舞いを改善できる可能性があります。

砂糖たっぷりの炭酸ジュース、ソフトドリンク、加工ジュース、カフェイン入りの飲料、エナジードリンクはとても体に悪いものです。特に、スポーツドリンクを含め、エナジードリンクを子どもたちに飲ませないことは大切です。こういった飲料の多くには、ガラナ、タウリン、多量のカフェインなど、刺激物が含まれています。

  • Cartwright, M.M. (2013): Do Soft Drinks Really Make Kids More Aggressive. Phycology Today. Recuperado de https://www.psychologytoday.com/us/blog/food-thought/201308/do-soft-drinks-really-make-kids-more-aggressive
  • Solnick S.J y Hemenway D. (2013): Soft Drinks Aggression y Suicidal Behaviour in US High School Students. International Journal of Injury Control and Safety Promotion, 21(3), 266-273. doi: 10.1080/17457300.2013.815631
  • Suglia S.F, Solnick S. y Hemenway D. (2013). Soft Drinks Consumption Is Associated With Behavior Problems in 5-Year-Olds. The Journal of Pediatrics, 163(5), 1323-1328.