時計:すべてを変えた中世の発明

2019年8月11日
中世の終わり、ヨーロッパでは時計が普及し、都市の仕事の拡張、修道会の生き方も変わりました。時計は、時間を理解する新たな形をもたらしたのです。

時計作りという芸術は、他の多くの物事と同じように、西欧で生まれたものではありません。イスラム文明と中国人は、ヨーロッパ人よりもずっと前に時間管理の謎についての発見しました。天文学的影響を受けた東欧の水時計は、西欧で時計が機械化したような社会的変化をもたらすことはありませんでしたが、時計の発明は、何より、時間の発見です。フランスの歴史家、ジャック・ル・ゴフは、商人にとっての時間と農家にとっての時間は同じではないと言っています。

一日を測ることは、天体の観察と同じくらい古いものです。しかし太陽と月がもたらすものは、同時に、一種の労役でもあります。都会の電気が、夜の圧政をおわらせたように、時計は忙しい人を太陽のリズムから解放しました。この新たな自由が新たな価値をもたらしたのです。

 

田舎時間と都会時間

中世は農家の時代でした。ヨーロッパ人の多くが、作物の栽培や動物の飼育をし、自給自足をしていた時代です。人々は季節や日々の自然なサイクルに従っていました。宗教的、世俗的生活は農作業のリズムに合わせて行う必要がありました。時計はあまり普及しておらず、知っている人は少なく、必要もありませんでした。

13、14、15世紀になり、あることが起こり、すべてが変わったのです。中欧、西欧はあらゆる種類の機械時計にどっぷりつかり始めます。パドヴァやボローニャの時計塔からシャルトルやウェルズの教会の時計まで、人は時間を様々な方法でとらえ始めます。この変化のカギとなる要素が、新しい修道生活と都会時間です

時計 すべてを変えた 中世の発明

 

神様の時間

新しい修道生活は以前よりもかなり厳しく、お祈りを中心とした生活になりました。農家と反対に、修道士はお祈りに合わせて仕事をしなければなりません。これにより、修道院にはより安定したスケジュールができました。

お祈りの時間が決められると、修道士は時間を気にしなければなりません。突然、時計は公の場を覆い、そのコミュニティの全員がお祈りの時間を知るようになりました。こうして、未来の知恵が生まれたのです。

中世の神学者にとって、時間は何にも代えることができない重要なものでした。時間を無駄にするということは、神様からの贈り物を無駄にするということです。美徳の印であるお祈りに時間は捧らえるべきなのです。

お金のための時間

神様への奉仕のために時計が作られてから、それがその他の造物主への奉仕に使われるまでにそう時間はかかりません。商人や職人の都市生活のリズムも、太陽や月の終わりのないダンスに合わせたわけではありません。

商業の需要により、時間厳守や効率性などに新たな価値が生み出されるようになりました。公共の広場では、時間に沿ってベルが鳴るようになりました。都市は賑わい、お金が動き、勤勉な市民は理由もなく人を待ったり、約束に遅れられなくなりました。

都市にはベルの音が響き、あらゆるイベントを知らせました。新たな時代には金属の音がつきました

 

時計

時計技術の変化は、時間の変化でした。東欧式は昔のものとなりました。水時計は、正確ではなく持続性に欠けていたため、使う人はいなくなりました。ケーブル、軸、歯車、重量に様々な方式ができ、プラハの古い天文時計(1410年)のように真の傑作も生まれました。

時計 すべてを変えた 中世の発明

15世紀、時計職人は、腕時計を開発し、これはデジタル時計が発明されるまで、劣れを知ることがありませんでした。ブリッジやスパイラルがカウンターウェイトにとって代わり、時計は金属細工というより、芸術の一種になりました。腕時計は時間の個性化であり、専門的職業には不可欠なものです。同時代、小さな時計のおかげで、スケジュールが一種の生き方になりました。これは、600年たった今でもあまり変わりません。

資本主義がありふれた体系の中で、時計の奴隷にならない生活を想像することは難しいでしょう。しかし、そう遠くはない昔、絶え間なく刻まれる時計の針に支配されない時代があったのです。時間を支配することは不可能で、星のリズムをコントロールしようとしたところ、自分自身の支配に終わってしまったのです。

  • Landes, David (2007) Revolución en el tiempo, Crítica.
  • Le Goff, Jacques (2004) Mercaderes y banqueros en la Edad Media, Alianza.