内気を克服するためのステップ

2019年12月25日
内気は、今を楽しんだり目標の達成の妨げになることがあります。周りに本当の自分を示すために克服すべき障害物です。では、内気を克服するためのステップをご紹介しましょう。

内気を克服することは、非常に難しいチャレンジのように感じるかもしれません。病気や障害とは違い、内気は感情の程度や行動の阻害を恥じる感情の状態です

内気な人は、どんな人にも内気なわけではありません。多くの場合は人との関係を楽しみます。人を恐れているわけでもありませんが、注目の的になることや、さらされたと感じることを恐れているのです。

内気を克服するためには、内気とは何かを理解する必要があります。内向的であることとは違います。内向的な人が皆、内気だというわけでもないのです。

内気 克服

 

内気とは?

内気には3つの側面があります。まず、生態的側面です。内気には遺伝の可能性があるのです。特に、脳下垂体や副腎など内分泌腺の異常も原因になりえます。

2つ目は、行動的側面です。内気は行動の学習で、幼少期に始められることが多いです。また、その人の育ちや、子どもが周囲の大人や仲間から大切にされていないと感じることが関連している場合もあります。虐待の後に起こることもあります。

3つ目は、精神分析で、内気は内なる衝突の表出だと言われています。本能の無意識な抑圧と関連します。

内気な人が自分がさらし者にされたように感じると、何かがおかしく、自分を守ることができないと考えます。また、評価が永続的に下がったと感じることもあります。

内気 克服

 

少しずつ内気を克服する方法

少なくとも50%の人が自分は内気だと思っています。これは不快感や痛みにつながる場合には混乱を生む可能性がある、よく見られる問題です。

内気を克服するステップには次のようなものがあります。

  • 自分の内気を認識する。全般的な内気と状況性の内気の2つがあります。全般的な内気は、常にあるものです。状況性の内気は、特定の人や状況に直面する時のみに表出します。あなたの内気がどちらに当てはまるか考えてみましょう。
  • 内気の原因を探る。もっとも内気だと感じた時のことをいくつか思い出してみましょう。共通点はありますか?恥ずかしさを感じた大きな要因は何だったでしょう?ナーバスになったのは誰がいたからですか?

 

実践的ガイド

内気であるために生活を楽しめていないと思うのであれば、セラピーを受けましょう。内気を克服する方法はたくさんあります

また、内気はあなたを麻痺させるものではありません。次のストラテジーを使い、前へ進むことができます。

  • 内気であることを受け入れる。内気は人格特性であることを理解する必要があります。内気を魅力的だと考える人もいます。
  • 引き金となる状況を10個考える。恐れている社会的状況を10個挙げましょう。おかしなことでも、些細なことでも構いません。特定の場面を詳細に思い出しましょう。例えば、冗談を言ったのに誰も笑わなかった時などです。
  • 情報を構成する。シンプルな状況から始め、複雑な状況へと進みましょう。例えば、シンプルな状況であれば怖いと感じないかもしれませんが、状況が複雑だと動けなくなるかもしれません。
内気 克服

 

次のステップ

  • 状況で優位に立つストレスの多い状況を考えたら、それに一つ一つ働きかけます。同じような状況に出向き、恐怖と向き合います。
  • 自分の恥を特定する。恥を感じ始めたら、少し立ち止まりましょう。何を考え何を感じるか意識します。その瞬間の感情を理解してから、次に進みます。
  • 自分を応援する。正しい姿勢を続け、自分の進歩を認めましょう。自分と人を比べず、自分の特性に共感しましょう

内気であること自体は問題ではありません。自分のしたいことを遠ざける不快な感情につながることが、問題になるのです。

  • Martin, M. A. (2012). Como superar la timidez y el miedo a hablar en público. Barcelona: AMAT.