ウェイン・ダイアーと7つの名言

· 2018年8月1日

ウェイン・ダイアーの言葉を知れば、なぜ彼が自己啓発の心理学者として非常に有名になったのかが分かると思います。彼の著書「自分のための人生」では、とても高度な心理学をシンプルで読みやすいものにして紹介しています。彼は自分自身の幸せを変化させ、それに対して責任を持つよう私達に教えてくれたのです。

それでも多くの人が彼の功績を批判しています。自己啓発の分野で長年ベストセラーの著者になり、彼の心理学的論理とアプローチの簡素化を拡げる行為は学会から嫌われることに繋がったのです。しかし、ダイア―が熟知していた知識の中には私達が覚えておくべきものがあるのです。

大学の科学的論文を執筆することは、一般の出版社に向けて執筆することと異なります。病院や大学などで心理学プロセスの分野を日々研究する際、最も大きな課題の一つは人間の行動の謎を世界に向けて明確にすることでしょう。

ダイア―はおそらくこの作業をする上で最も優れた人物でした。彼がニューヨークのセイント・ジョンズ大学で働いていた初期の頃から、彼は認知行動概念の超越と価値、人間の動機に関するアブラハム・マズローの視点、そしてヴィクトール・フランクルが考える人生の意味について理解していたのです。

この3つの思考は彼の著書を研ぎ澄ましました。その後、彼はある明確な目的のために、人間の経験が持つ様々なスピリチュアルな部分を開拓していったのです。それは、人が自分自身を理解し、成長する為に概念、思考、行動を変えていくことを助けるという目的でした。

夕やけ

ウェイン・ダイアーの名言

ダイア―はモチベーションや個人の成長といった分野で活躍した心理学者、大学教授、ベストセラー作家、そして最も成功した発言者でもあります。彼は多くを執筆し、その中には子ども向けのものも5つ含まれています。そして、彼が亡くなってから3年ほど経ちますが、彼の残した功績は現在でも生きています。これから紹介するウェイン・ダイアーの語った言葉は彼の実用的な知恵の本質を明らかにしているので、一緒にみていきましょう。

1.人生に対する態度

「物事を見る目が変われば、物事があなたを見る目も変わる。」

彼が著書の中でよく語っていた言葉に、「考え方を変えて人生を変えよう」というものがあります。幸せは人生に対する態度と言っても過言ではありません。個人の暗い面や困難、そして良くない日々は関係なく、あなたに克服したいという意志さえあれば、視野が変わり人生が少し楽になるのです。

2.選択的な注意力

「もしあなたが出来ると信じれば、チャンスが見える。もしあなたが信じなければ、障害が見える。」

これは事実だと認めましょう。私達は今までに何回自分自身を信じ切れずに夢を諦めたでしょうか?実際に、私達には切り開けた道より、壁の方がよく目に映り、自分自身に罠をかけてしまいます。ですので、困難しか見えていない選択的な注意力をもっと広げましょう。そうすれば、周りにチャンスが存在することに気付けるはずです。

夕陽と女性

3.自分自身の敵にならない

「あなたがあなた自身であることを失敗してはいけないことを思い出してみよう。」

ウェイン・ダイアーによると、自分を偽って愛されるよりも、自分らしく嫌われる方が良いと言います。そして、自分を偽ることよりも苦しいものはありません。

4.重要なのは現在

「人生をリハーサルのように送ってはいけない。今日が最後の日だと思って生きよう。過去は終わってもう無くなった。そして、未来は保証されていない。」

信じられないかもしれませんが、私達は自分の周りにあるものを、そして時には自分さえも重要視していないことがあります。昨日のことを心配したり、まだ起こっていない未来のことばかり考える人生を送ってしまっているのです。すると、今現在起こっている素晴らしいもの全てを逃してしまうことになります。

ですので、自分の物語を築いていく責任を持ちましょう。現在に集中して、自分自身の幸福を築き上げていくのです。

5.リスクを背負う

「自分で決断しないかぎり、同じ場所に留まることはない。」

自分が知らないことは、私達の恐怖が成長する未知の領域です。リスクを背負わず、何も新しいことが起きないけど居心地が良くて安全な場所にいた方が良いと内なる声は語りかけてくるでしょう。

しかし、全てが簡単で未知ではない小さな場所では成長することは出来ません。自分自身を向上させないと幸せにはなれないのです。同様に、ダイア―は「自分のなりたいものを知れば知るほど、夢を現実に変えてくれる眠っていた力を呼び起こすことが出来る。」とも述べています。

6.自分自身と集中力を支配する

「平和的で他人を傷つけず、自分自身に目を向けている心はこの世のどんなものよりも強いだろう。」

これは彼のスピリチュアルな世界のタッチが含まれている言葉で、心理学以外で強調している部分です。私達は平和を達成するために必要な能力を持っていますが、自分の心を雑音や否定的な囁き、そして疲弊した態度で埋めてしまうことがあるとダイア―はいつも著書の中で語っていました。

私達の全てのパワーは心の中にあります。しかし、それを心の中心に落ち着けられるよう学習しなければいけません。その為には、自分自身と繋がり、それに注意を払って、癒し、平和を与えるのです。

人間の心

7.他人の最も良い部分を学ぶ

「他人が持つ光だけを見て彼らに接してみよう。」

誰も信用せず、誰かの弱点や欠点、そして悪い部分だけを見る人は個人的に成長出来ません。なぜなら、他人の悪い所しか見ない人は、自分自身に大きな空虚を抱え、危険ともいえる低い自尊心を持っている人だからです。

自分に自信がある人は他人の悪い部分のことばかり考えることはありません。また、欠点ばかり注目することは不幸や苦しみを生みだしてしまいます。しかし、他人の良い部分を見れば、それは希望と幸福をあなたに与えてくれるのです。

今回紹介したウェイン・ダイアーの名言は彼の教訓の中でもごく一部だけです。彼は最も洞察力のある心理学者の一人であり、他の人々が健康的で満足感のある人生を築けるよう自分の考えを共有することに長けた心理学者でもあるです。