夜にも起こりえるパニック発作

夜にも起こりえるパニック発作

最後の更新: 04 2月, 2019

パニック発作は、かなりの不快感と圧倒的な恐怖を生み出します。いつ起こってもおかしくはなく、ほとんどは予期せずに起こります。直接的なはっきりとした原因が存在しないというのはよくあることです。

実際の危険がないにもかかわらず、体が脅威を感じているかのようです。私たちの体は、最大の恐怖が現実になったかのように反応します。

脳は何が起こったのかを理解できません。「なぜ?どうしてこれが引き起こされたの?落ち着いていたのに、突然こんな風に感じた。理解できない。」この予想外の身体の反応に困惑します。これが最も恐ろしく感じることです。

パニック発作は警告もなく忍び寄る

人それぞれではありますが、人が最も我慢ならない感情が不確定感です。パニック発作の場合、それを予測することが出来ない、また原因を突き止めることが出来ないことが、発作そのものよりも更なる不安を生み出します。

唇を噛む

恐怖につかまって、完全にマヒします。

胸の痛みを感じることもあるかもしれません。めまいがして、呼吸が浅くなり、気持ち悪くなるかもしれません。非現実的な感覚に襲われることもあります。これは、パニック発作の最も不穏な部分のひとつです。

パニック発作の悪夢の中で非現実的な感覚は現れる

体から飛び出して、外から自分をのぞいているような感覚です。この感覚には、恐怖がつきまといます。

乾燥

ベッドに向かう時何が起こるのでしょうか?就寝は一日の穏やかな時間であるはずです。心配を忘れます

パニック発作には夜でも苦しめられることがあります。事前の警告はありません。少なくとも、日中のパニック発作は予測できることもあります。私たちが観察したり意識できるような兆候があるからです。万一の場合、安心できる場所へ行ったり、今いる場所から離れたりすることは可能です。

悪夢のパニック発作で目覚める

夜のパニック発作は完全に予想がつきません。大抵レム睡眠の前に起こります。そのため、目が覚めるまで気が付かないのです。この目覚めは、いつも突然訪れます。

私たちの体は、あまりに不安をため込むせいで、パニック発作を通してそれが爆発しているかのように感じます。非常に強いストレスを感じていて、夜中のパニック発作でそのストレスを表現する人もいます。寝ているときはガードが下がっているのです。だから、夜中のパニック発作で驚愕し恐怖を感じます。

恐怖で目覚めると、何が起こったか理解できません。その一瞬が永遠のように感じられます。そして、苦悩は不思議な非現実的感覚と混ざり合います。

夜中のパニック発作は良い睡眠習慣で防止できる

夜中のパニック発作を治療するためには、未解決の日中の不安を解決しなくてはいけません。同時に、一日の終わりに寝室で起こる「恐怖症」にも対処していかなくてはいけません。夜中のパニック発作は、対処すべき睡眠への恐怖を引き起こします。

座る

習慣でもって、より良い睡眠習慣を作り強化することができます。

夜中のパニック発作とさよならするために、これらの予防措置を取ることができます。しかし、この病気の大きな部分は、日々耐えているストレスレベル、苦悩、不安と関係していることを忘れないでください。日中に起こっていることを観察出来たら、怪物のように襲ってくるこの突然の発作と戦う方法に関する、重要なヒントを得ることができるかもしれません。

こちらの記事もおすすめです。
パニック発作が人生に与える影響
こころの探検
で読むことができます。 こころの探検
パニック発作が人生に与える影響