全般性不安障害の治療に行動療法を

2019年8月24日
全般性不安障害には数多くの治療法があります。この記事でいくつかの治療法について詳しく見ていきましょう。

全般性不安障害(GAD)の症状には不安と過度の心配が挙げられます。このことに関し、DugasとLadouceurは、全般性不安障害を抱える人は些細なことを気にしてしまうと指摘しています。

全般性不安障害になる人は起きもしないことを心配し、常に警戒しています。そのため通常より不安が強く、感情のコントロールが難しく、常に自分の思考をコントロールしようとします。

認知行動療法(CBT)

認知行動療法(CBT)は、ベックの治療とリラクゼーションを組み合わせたものです。臨床研究により、認知行動療法とリラクゼーションが全般性不安障害の治療に役立つことが確認されています。

一般的な認知行動療法では、次のようなことを行います。

  • 不安を引き起こす内的・外的要因と、それに対する反応を見つける
  • 心配を避けるために、これらの要因をコントロールする
  • リラクゼーション。プログレッシブ・リラクゼーション、スローブレス、瞑想などさまざまな技法があります。
  • 認知再構成法。患者は不安に関連する思考、イメージ、そして信念を認識し、ソクラテス式問答によりそれらのメリット・デメリットを考え、その感情の解釈を行います。
  • 不安を引き起こす内的要因に患者を徐々にさらしていきます。これは患者に不安要素を適切に処理することを教えます。
全般性不安障害 治療 行動療法

関連記事『19種類の心理療法

全般性不安障害に対するBorkovecの認知行動療法

Borkovecの認知行動療法には、一般的な認知行動療法の要素の他に、アクセプタンスとコミットメントという2つの要素が含まれています。

  • 否定的思考を最小限にする。未来について誤った期待を抱かずに、今を生きることを意味します。
  • 価値観に従って生きる。患者の価値観を特定し、それに従って生活できるようにします。

Barlowのセラピー

Brown, O’Leary, Barlowは問題の特定、治療の正当化、リラクゼーション、認知再構成法、暴露療法、警戒心の解除、時間管理から成る、全般性不安障害の治療法を開発しました。

  • リラクゼーション。Borkovecのプログレッシブ・リラクゼーションに基づいていますが、他の技法を使用することもできます。
  • 認知再構成法。否定的な考え、現在の出来事によってどのようにその思考が影響を受けているか、さらにこれらの解釈と予測が患者の生活にどのように影響するかを説明します。さらに、これらの解釈と予測は、後でまた質問する必要があります。
  • 警戒心の解除。患者は常に警戒していることを止めなくてはいけません。
  • 時間管理。目標を設定し、時間を管理する方法を患者に教えます。
  • 問題解決。問題解決を行うことにより、問題の特定がしやすくなります。

この介入は、週1回1時間のセッションを12~15回繰り返します。

最新の治療法には、アサーティブトレーニング、薬物治療の中断、そして患者の家族を含めた治療などがあります。

全般性不安障害 治療 行動療法

合わせて読みたい『感情に乗っ取られたときにできること

Dugasのアプローチ

Dugasのチームは、全般性不安障害に対して次のような治療法を提案しています。

  • 心理教育と現実療法。現実的な心配と非現実的な心配を区別するためです。
  • 心配するメリットとは?患者は通常心配することを過大評価しますが、そのネガティブな結果は過小評価する傾向にあります。
  • 問題解決。その時の問題を心配するのをやめるために問題解決を行います。問題指向と問題解決スキルで問題を解決する方法を患者に教えます。
  • 暴露療法自分の考えを避けることは逆効果であることを患者に示します。

2007年改訂

  • 不確実性と行動の説明。これは過剰な心配をやめることを目的としています。
  • 再発防止。セラピストは患者と学んだすべてのことを復習し、継続した練習を推奨します。

最後に、患者は治療が終了する前に行動計画を練るように促されます。自分で目標設定を行い、セラピストの助けがなくても前に進んでいけるようにするためです。

全般性不安障害 治療 行動療法

 

メタ認知療法

Wellsは、全般性不安障害の治療は患者の心配に焦点を当てる必要があることを指摘しました。実際の心配内容ではなく、心配の仕方が大切だといいます。このタイプの介入は次のように行われます。

  • 個々の機能分析
  • 心配というネガティブな考えと、それがいかに有用であるかという間違った考えの2つの見分け方を患者に教える。
  • 言語による再構成と行動実験。
  • 否定的な戦略を排除。たとえば、思考のコントロール、防御行動、回避などが否定的な戦略です。これらはすべて自己規制プロセスを妨げ、全般性不安障害の維持を促してしまいます。
  • 治療終了。全ての戦略の復習。

心配は警告サインです。心配がどのようにして起きるかは、あなたの現実と感じた情報を処理する能力に大きく関連しています。この警告システムが機能不全を起こすと、過度の心配は苦しみに繋がるでしょう。