「カール大帝の伝説」:愛の物語に隠された愛の本質

2019年10月6日
「The Legend of Charlemagne( カール大帝 の伝説)」はイタリアの作家、イタロ・カルヴィーノによる最も知的で興味深い 愛 についての物語の一つです。この素晴らしい作家はイタリア人の両親の元、キューバで生まれました。

「The Legend of Charlemagne(カール大帝の伝説)」はイタリアの作家、イタロ・カルヴィーノによる最も知的で興味深い物語の一つです。この素晴らしい作家はイタリア人の両親の元、キューバで生まれました。この短編作品には彼の鋭い感受性と知性が見られ、非常に強い印象を読者に残しています。

カルヴィーノ氏は常に、過激なリアリズムと制限のない想像力に格闘していました。「カール大帝の伝説」はその良い例で、幻想的で非現実的な物語から始まりますが、情熱的かつ深く分析された愛を表現しているのです。

彼の作品の多くは、おとぎ話のような雰囲気を持っています。「The Legend of Charlemagne(カール大帝の伝説)」もそのカテゴリに当てはめられますが、この物語はロマンティックな愛について印象的な事実を残しています。ここでのカルヴィーノ氏は、現代的な精神分析に非常に近い立ち位置にいると言えるでしょう。

「自分を守ってくれる人を愛す、また自分のナルシスティックなイメージを愛しているかのどちらかだ。」

―ジャック=アラン・ミレール―

カール大帝の伝説と情熱としての愛

この物語の冒頭を少し見てみましょう。「晩年のカール大帝は、ドイツの娘に恋に落ちました。彼の宮廷の男爵は非常に心配してしまいました。なぜなら、彼の情熱に完全に取り囲まれ、彼の堂々とした尊厳を知らない主権者が不貞を無視しているのを見たからです。」

興味深いのはカルヴィーノ氏が主人公に力を持つ年老いた男を選んだということです。それは愛が何よりも強く、皇帝であろうと恋に落ちれば同じというカルヴィーノ氏の主張がうかがえます。

カール大帝 愛人

愛、欺瞞、魔法

大帝が恋に落ちた後、考えられないことが起こります。それは、愛人の突然の死です。しかし、彼の愛は彼女と一緒に死んだわけではなく、防腐処理をされた彼女を部屋に持ちこみました。大帝は動かない彼女と一瞬たりとも離れたくなかったのです。

そして、物語は次のように続きます。「この不気味ともいえる情熱に驚いた大司教ターピンは魔法があるのではと疑い、死体を調べることを主張しました。すると、彼女の舌の下に宝石のついた指輪が見つかったのです。」

大帝の愛には、呪いが隠されていたのです。彼はドイツ人の彼女を愛していたのではなく、ただ呪いが存在していただけだったのです。

カルヴィーノ氏は、ここで愛の本質を明らかにしています。誰かに恋に落ちるのではなく、誰かが持っているものに恋に落ちるのだということを表現していたのです。心理学の観点では、愛は魔法のような要素が活発になることだと言われていますが、これはなにも詩的に表現しているわけではありません。誰かを愛した時、あなたは論理的になることを諦めて、不可能に立ち向かってしまうのです。

カール大帝 指輪

愛:貴重な石がついた指輪

この物語にこれ以上の驚きはありません。大司教が指輪を見つけた後は次のように続きます。「大司教の手に指輪が渡った時、カール大帝は大司教に恋に落ちました。そして、死んだ愛人を早く埋めるよう急いだのです。大司教はそんな状況から逃れるために、指輪を湖に投げ入れました。すると、カール大帝は湖に恋をして、その場を離れようとしませんでした。

このように、終盤では愛の情熱的かつ不合理的な本質が表現されています。最後になると大帝は愛の対象がどんなものでも気にしなくなります。この物語の秘密はその魔法の指輪だったのです。

指輪はこの物語で境界線のような存在ですが、それは中心的な存在ではありません。しかし、その指輪には大帝を魅了する輝かしい宝石がついていたのです。今回の物語で表現されていたのは、情熱的な愛は生まれ、成長し、そして死んでいく。しかし、そのプロセスは「想像」の中で始まり、終わっていくことなのです。