男性の性欲と女性の性欲:三つの違いとは?

男性と女性とでは、性欲の感じ方が異なっているようです。しかし、なぜなのでしょう?読み進めて詳しく見ていきましょう。
男性の性欲と女性の性欲:三つの違いとは?

最後の更新: 26 11月, 2020

性欲という題材に興味を持ち始めると、かなりの数のステレオタイプ的なカテゴリーが浮かび上がってきます。しかし、いったいどんなものが性欲を特徴付けているのでしょうか?男性の性欲と女性の性欲との間の違いは何なのでしょう?

性欲とは、性的な接触や触れ合いを求める人間の衝動です。これには、生物学的要因、心理的要因、社会的要因、文化的要因、相関的要因など、複数の要因が関与しています。そして以下の二つのタイプの刺激によって引き起こされます。

男性の性欲と女性の性欲という言い方をする時に私たちが言及しているのは、ジェンダー差についてです。そしてジェンダーとは、パン・ヒスパニック辞典によれば、「特定の社会や共同体で社会的に形成された属性、役割、活動、義務、そしてニーズであり、主に女性性あるいは男性性への帰属に関連している」とされています。

ジェンダーの違いは日常生活においてはっきり目に見えるものとなっているため、性欲の形成についても同じことが当てはまります。事実、男性の性欲は女性のものよりも「層」が少ない場合が多いのです。

以下では、これらの違いがどんなものなのかを一般的なレベルでお伝えしていきます。ただし、特定の個人的差異はこれらの一般化で括ることができない場合も多いことをお忘れなく。

年齢に応じた男性の性欲と女性の性欲の違い

男性の性欲 女性の性欲 違い

男性の性欲については、思春期に出現するものであり、「夢精」と関連する場合があると言えるでしょう。そして欲求のレベルは50歳頃まで高いまま維持されるようです。それ以降は減退し始めますが、それにはリビドーの低下が伴うこともあります。

女性の性欲は男性のものよりも出現が遅い傾向が強いようです。また、経験にもよりますが性的成熟が見られる期間は35歳頃で、閉経とともに性欲は増加あるいは減少します。

多くの場合、人の性欲はその人物の全体的な健康状態と強く関連しています。つまり、もちろんメンタルヘルスを含めた健康状態全般を改善することで、性欲もより良い状態へと変えることができるのです。

性欲の覚醒

これは各ジェンダーによって異なります。研究によれば、概して女性の方が状況や環境に興奮する傾向があるのに対し、男性は内容の方により興奮するそうです。

例えば、女性の方が感情的な結びつきに対する意識が強い一方で、男性はその結びつきの有無が必要だとは感じないでしょう。もっと言うと、多くの男性たちにとって性欲と満足感こそが両者の絆を作り出すための方法であり、絆があるから性欲が生まれるという考え方はしません。

しかし、男性の方が好き嫌いが激しい傾向が強いのですが、これの説明として適している事実が一つあります。それは、男性の方が女性よりもセックスのことをたくさん考えているという事実です。この理由のために、男性たちの方が自分は何を求めていて何を必要としていないのかについてはっきりとした考えを持っていると言えるでしょう。

男性の性欲と女性の性欲:三つの違いとは?

心理的要因

心理的要因に影響を与え得るのは、教育や文化、社会、そして宗教といった側面です。これらすべてが人の思考に影響します。昔から専門家たちは、男性にはセックスと感情とを分けて考える能力があると提唱してきました。男性は性欲をもっと異質な感情状態として経験することができるだろうというのです。

一方で、男性は内容に対してより興奮を覚え、女性は状況の方により興奮するという事実を支持するような研究はたくさん存在しています。しかし、RuppとWallenは『Sex Differences in Response to a Visual Sexual Stimuli: A Review』という論説の中で、これらの研究のうちのいくつかが示した結論に関しては混乱が存在している可能性を提唱しています。

彼ら2人には、研究者たちが計測された欲求と存在していた多様な刺激、そして計測手法との間の相互作用を十分に検討していなかったように感じられたのです。

研究は続く

したがって、このトピックに関しては研究が続いている最中で、はっきりとした回答はまだ得られていません。今のところは、性的動機付けや人々の認識にあるジェンダーロールという期待、そして性的態度などが男性と女性とで性欲に違いがあることの説明として用いられます。

しかし、例外的なケースにも触れておかねばなりません。例えば、女性の中にも強い性欲を持つ人々がいます。性欲に関する研究は人間関係や文脈といった要素を重視している場合が多いですが、これも女性一人一人によって変わってくるはずです。

性欲の強い女性たちは性的衝動をより多く持っており、性交渉に関わる機会も多く、性に関する精巧な思考や幻想を頻繁に抱きます。これに加えて、自分自身を性的に大胆で高いリビドーの持ち主であると見なしているようです。

女性間でもこのような違いが存在するのは、社会や文化といった側面が女性のセクシュアリティ表現を規制してきたからかもしれません。事実、強い性欲を持つ女性たちは社会から嫌な目で見られていると感じており、自身の特徴的な欲求について他人からどう思われるかを心配しているのです。

こちらの記事もおすすめです。
セラピーが必要なカップルの問題
こころの探検
で読むことができます。 こころの探検
セラピーが必要なカップルの問題

恋人の場合、どの程度の問題を抱えている時にセラピーは必要になるのでしょうか? 意見の不一致は誰にでもあり、第三者がいなくても解決できることの方が多いでしょう。しかしお互いを理解するために、専門的な異なる視点が必要な場合もあります。それはセラピーを受けないのであれば、別れるしかないような状態です...