辺縁系とは。そしてその機能について。

· 2018年6月28日

私たちの脳は、私たちの体の中で最も素晴らしいものの一つです。それは体の中で最も研究されている部分の1つですが、その機能の全てはまだ分かっていません。それにもかかわらず、私たちの脳内には、私たちの身体を動かすことに特化した役割を持つさまざまなシステムがあることは分かっています。現在分かっている最も重要なシステムの1つは、辺縁系です。

辺縁系という言葉が初めて世に出たのは、今ほど概念化されておらず、より原始的な方法ではありますが、ポール・ブローカが松果体腺付近に名前をつけた時です。

彼は「辺縁」または端を、 「大辺縁」の領域と呼びました。なぜなら、それは私たちがすでに知っていた他の構造の端や縁に位置しているからです。

しかし、今日私たちが知っている辺縁系は、1949年に生理学者マクリーン(MacLean)によって概念化されました。彼は、1939年にパペッツが始めたこのシステムの初期概念を拡張し、現在の名前を付けました。

MacLeanは、辺縁系を構成する構造数を拡張しました。彼は、大脳皮質の発達は、私たちの感情的な脳の発達と同様に重要であると考えました。

幸福は、辺縁系によって活性化される精神状態です。
アントニオ・ダマシオ
 

このため、辺縁系は感情的な脳として知られています。しかし、この用語は本当に正しいいのでしょうか?辺縁系の構成は何?何か重要な役割がある?もしあなたがこの記事を読み続けてくだされば、これらの質問に対する答えを見つけることでしょう!

 

辺縁系の主な構造

辺縁系

辺縁系は多くの脳構造で構成されており、すべてが相互につながっています。このため、どの構造がどの構造を形成していて、各構造の具体的な役割を正確に判断することは難しいです。しかし研究によれば、辺縁系とその機能を構成する構造が以下のものであることを示唆しています:

視床下部

この構造は、脳の基底、つまり視床の下に位置しています。具体的には、第3脳室の腹側部分の両側、または脳の中心に位置しています。

小さな脳構造ですが、私たちの生存に不可欠な沢山の核と繊維から構成されています。なぜ?それは私たちの自律神経系と内分泌系の役割を担っているからです。また、種の生存に関連する最も重要な行動、すなわち戦いや摂食、生殖を管理しています。

視床下部の、辺縁系の機能に関する最も重要な構造の1つは、哺乳動物体であることです。哺乳類体は、視床下部の後端にある脳脊髄の基底部に位置します。

それらはいくつかの視床下部核を含み、扁桃体および海馬からの刺激を受け付けます。しそして、これらの刺激を視床に送ります。つまり、情報を送受信するための重要な部分です。

海馬

海馬は側頭葉に位置する前脳の構造であり、タツノオトシゴのような形をしています。それは人間の脳の最も古い領域の一つです。それは視床下部に繋がれた主要な構造であり、基本的な生存プロセスの調節において重要な役割を果たしています。

さらに、海馬は非常に重要であり、海馬がなければ私たちはアイデンティティを保つことはできません。これは私たちの記憶機能を管理するのに不可欠な部分だからです。

特に、リモートメモリを管理しています。これは、過去に起こったすべての記憶を管理しています。したがって、私たちの経験に基づいた個性の一部を構成しています。さらに海馬は、新しいことを学ぶ上で非常に重要です。

辺縁系へのその接続に関しては、海馬は感情記憶を担当する主構造です。これはつまり、私たちが今までに経験した、あるいは感じたすべての出来事が、海馬を通してフィルタリングされることを意味しています。そして視床下部とつながることで、私たちが経験したことだけでなく、それに関連付けられた感情も記憶に留められています。

扁桃体

扁桃体は、側頭葉の側脳室に位置しています。具体的に言うと、側頭葉の内側です。これはつまり、いわゆる「脳深部」の一部であることを意味します。ここは、基本的な感情と生存本能が生まれる場所です。基底核、中心核、および皮質核という3つの主要な核がそれを構成しています。

その主な機能は、生理学的にも行動としても、感情に適応した応答をすることです。その接続は感情反応を引き起こすだけでなく、前頭葉へのその密接な接続のおかげで、行動の抑制を可能にしています。したがって、感情的拉致または 「扁桃体ハイジャック」として知られていることを可能にしています。

辺縁系の中で、扁桃体は私たちの感情のキャプテンです。それだけでなく、海馬と連動して感情的記憶を生成します。そして、視床下部とともに、私たちの基本的な過程に感情的な色を染み込ませます。例えば、不安やネガティブな感情を食べ物、睡眠、性行為と関連付けます。

青い脳内ニューロン

脳弓

脳弓は、海馬と他の脳領域とを結ぶ円弧状の軸索の束の名称です。それは辺縁系で役割を果たし、哺乳類体および海馬につながっています。したがって、この弧は、辺縁系の最も重要な、構造間で情報を伝達する部分です。

辺縁皮質

辺縁皮質は、脳の内側側頭葉に位置しています。これは記憶と深く関連があります。特に、宣言的記憶の統合と回復です。さらに、脳弓のように、それは異なる脳構造間で情報を送る際に重要な役割を果たしています。

辺縁系に関連する他の構造

前述したように、その機能は非常に複雑であるため、すべての神経学者および神経心理学者が辺縁系の構成に同意するわけではありません。専門家の一部は、その説明に以下の構造を含めることがあります。

  • 帯状回:視床から海馬への経路を提供し、嗅覚記憶および痛みの記憶に関連する。
  • 中隔領域:辺縁系の抑制および注意レベルに関与し、辺縁系の制御に関わります。また、記憶、モチベーション、感情、敏捷性に関連して動き、楽しい感覚と外部活性化状態を調節しています。
  • 腹側被蓋野:「補強」の優位性の中心の1つと考えられていて、喜びと中毒の規制に介入します。
  • 前頭前野:これは私たちを動物と区別する脳の部分です。辺縁系における仕事は、そこから来る感情的な「情報」を沈黙させたり止めたりすることです。それは、私たちの衝動を制御する役割を担う構造であり、他の脳構造よりゆっくりと発達します。
頭とハートを比べる女性

辺縁系は感情的な脳なのか?

多くの著者にとって、辺縁系の主な機能は感情的な調節であるため、辺縁系を記述するために用語「感情的な脳」を使用することは正解と言えるでしょう。実際、一昔前までは、このシステムに割り当てられた主な機能は、もっぱら感情の管理でした。

しかし、現在の考えでは、このシステムは還元としての感情のみを扱うという考えが見られます。これは研究者が、辺縁系を構成する他の多くの構造や機能を発見したためにこう変化しました。私たちは、それがモチベーション、学習、記憶にも影響を及ぼすと考えています。したがって、辺縁系を考えるときには、それを感情的な脳と見なさなければなりません。

辺縁系は生存本能に有用か?

これまで見てきたように、このシステムは多くの機能を担っています。これには、特に視床下部について話すときに、生存に不可欠なものが含まれていることが分かります。私たちはそれなしでは生きられません。このシステムを構成する構造に損傷を与えた場合に起こりうる病気の例を以下に示します。

  • アルツハイマー病:異なる脳構造、特に海馬の変性によって生じる病気。他の症状の中でも特に、記憶の進行性喪失を引き起こす。
  • クリューバー・ビュシー症候群:扁桃体および側頭葉の両側に関与する。それは、認知症または視覚認知の欠如、過敏性、過食症を引き起こす。
  • 健忘症:主に海馬の関与による。
  • アレクシスチミア:自分自身と他人の感情を表現し認識することができない。

これらの病気は、他の多くの症状とともに、辺縁系の重要性を示しています。私たちはそれが記憶から飢えのようなものまで、行動にどのように影響するのかを理解することができます。辺縁系は我々の脳において最も重要です。

引用元文献

Abril Alonso, Águeda del. (2005) Fundamentos biológicos de la conducta. Madrid: Sanz y Torres.

Carlson, N. (2014). Fisiología de la conducta. Madrid: Pearson.

Rosenweig, M.; Breedlove, S.; Watson, N. (2005) Psicobiología. Una introducción a la Neurociencia Conductual, Cognitiva y Clínica. Barcelona: Ariel.