自分の幸福を生み出すために自分の井戸を掘る

2019年2月12日

幸せを感じることが困難な人がいます幸せを感じることが、もはや無意識のメカニズムによって作られた一種のアレルギーや恐怖症のようになっている人です。探求するのではなく常に逃げてきているため、そのような感情がまるでわからない人もいます。複雑な子供時代を生きて、自分は喜びに値しないと考えたり、完璧主義だったりするのかもしれません。理由が何であれ、こういった人は喜びを感じることができません。

こういった人たちは、深刻な危険にさらされていると感じています。喜びに慣れてくると、それはどうせすぐ消えてしまうと思います。彼らは人生を戦いや苦しみ以外の何事としても認識することができないのです。何かのために戦っていたり、歯を食いしばっていない時、緊張していない時、何ががおかしいと感じてしまいます。

見晴台

喜びは自分のものではない

喜びを否定するようになります。例えば、低い社会的地位の人が高い位置に立った時です。特に、その地位が不安定なものであればなおさらです。自分が手に入れたりたまたま与えられた特典を謳歌することを否定します。自分は生まれた地位で死ぬべきで、どんな変化も不可能だと考えます。多くの場合、現実の問題でもありますが、精神的な問題の場合もあります。

心配事がない時、問題を見つけ出してそれに集中することが得意な人もいます。痛みでも同じことが言えます。大きな痛みをひとつ抱えていると、小さなものをそのままにしてしまいます。頻繁に自分の体のレントゲンをとる人もいます。ガンなどの深刻な病気を抱えていると思い込んでいるためです。

勝者やリーダーよりも、被害者、抑圧される人、サンドバッグの立場を好む人もいます。だから、こういった人が喜んでいるところはあまり見かけません。悲しくいる理由を常に探しています。

こういった人たちにとっては、誰かにそばにいてもらうための最大の武器が悲しみです。人生の中にどれだけの喜びがあろうとも、慰めを諦めたくありません。

穴

永久的な被害者

永遠の被害者としての彼らの立場は、特定の課題を遂行しないことを正当化します。特定の物事を避けるために一生止むことのない小さな痛みや悲しみに隠れます。

こんなに悲しんでいて、どうやって他人の心配なんかできるんだ。いつも悲しくて、いつも最悪で悲劇的な問題を抱えているのに。他人を助けてそれに慣れてしまったらどうなるんだ?

喜びの恐怖

恐怖。これは感情です。恐怖には次のものがあります。

  • さみしさの恐怖。一人でいられない恐怖、他人をがっかりさせてしまう恐怖。悲しくなる恐怖。今はかなえられそうな夢に取り組む恐怖。
  • 下を見てどれだけ深いかを知る恐怖。上を見てどれだけ高いかを知る恐怖。
  • 自分の限界を知って、間抜けだと気づく恐怖。
  • 人生の楽しみや良いことを謳歌する恐怖。

痛みで自分を麻痺させると恐怖が消えていきます。つまり、あまり動かなかったり、楽しまなかったりするということです。保守的になって、自分を落胆させないように期待をしないようにすると、気分が良くなります。自分を守るために誰もがしたことがあるはずです。 自分との会話の中でそれを正当化することすらあります…

それは人生に直面するのによい方法だと思うかもしれません。しかし、これはとても気まぐれで、いつもカードを変えてきます。すべて一瞬のうちのことで、もうプレーすらできません。

喜びは自分を解放して、経験に身を委ねたときに感じられます。人生がどんなカードを放ってきても、それを信じることができたら、ゲームのプレーの仕方がわかって楽しむことができるようになります。これは生き残りの問題ではなく、生きるための問題です。精神的に必要なステップです。とても困難でもあります。しかし、ポジティブなものを楽しむことは、人生が与えてくれた幸運を減少させるわけではないといつか気づくはずです。

Goodman, L. E. (2014). Happiness. In The Cambridge History of Medieval Philosophy. https://doi.org/10.1017/CHO9781107446953.041

Baumeister, R. F., Vohs, K. D., Aaker, J. L., & Garbinsky, E. N. (2013). Some key differences between a happy life and a meaningful life. Journal of Positive Psychology. https://doi.org/10.1080/17439760.2013.830764

Kringelbach, M. L., & Berridge, K. C. (2009). Towards a functional neuroanatomy of pleasure and happiness. Trends in Cognitive Sciences. https://doi.org/10.1016/j.tics.2009.08.006