感情的な問題の7つの身体的サイン

2018年5月21日 in 好奇心 0 シェア済み
後ろ姿

体と心は二つでひとつです。だから、感情的な問題は体や物理的な感情に痕を残します。これは脳が人間の体の機能の軸であるということを念頭に入れれば、完璧に理にかなっています。また、体全体が脳とコミュニケーションする神経で張り巡らされていることを考えてみてください。

1つまたは複数の感情的問題がなければ身体的不快感もありません。このケースでは、体が送るシグナルに耳を傾けることが重要です。一般的に、これらは人生に何らかのアンバランスが存在することを意味します。

これらの体のシグナルは、とても一般的です。正確に言えば病気ではありません。しかし、感情的な問題は体に影響を及ぼします。7つのよくある感情問題の存在を示唆する指標を紹介します。

「いい健康の秘密は、体を動かし精神を休ませることだ。」

-ヴァンサン・ヴォワチュール

1. 感情的な問題のサイン、頭痛

頻繁に頭痛が起こるのはとてもよくある症状です。世界中のたくさんの人がこの問題を抱えています頭痛はストレスや動揺と関係していますそう考えると、この問題の影響を受けている人がいるのは驚きではありません。

頭痛の意味は、ひとつに要約できます。緊張です。内面の力が働いており、緊張としてあらわれます。大抵、時間がないにもかかわらず、物事を完璧に行いたいという欲求があるときです。コミットメントを満たす責任に反して休む必要があるときです。 この頭痛の裏には、感情的な問題が隠れています。だから、頭痛薬を飲んでも望んだような効果が得られません。

月

2. 首の痛み

首が張っていたり痛みを感じるときは、物理的な感情によって起こる硬直のサインです。人生すべての面で起こるわけではなく、一つの局面が原因です。許すのが難しいと感じているときです。怒りと苦しみによって、強い筋肉の硬直が首回りに起こります。

許すのが難しいことは、他の感情も伴います。例えば、不満や非難です。首が痛いなら、まだ根に持っている怒りを思い返してみてください。もしかしたら、この感情を軽減させることで痛みが消えるかもしれません。

3. コリや肩の問題

肩は重いものを運ぶ体のエリアです。物理的な重さとメンタルやスピリチュアルな負荷も意味します。激しい肩の痛みは、過重負荷を意味します。

重くのしかかりすぎている重荷を背負っているのかもしれません。あなた自身や自分が満たせると思うコミットメントに合っていない責任かもしれません。肩の痛みは、極端なプレッシャーに関連する感情的な問題です。

花

4. 背中上部の不快感

背中上部も緊張や感情的な問題が集中する場所です。そこに痛みがある場合、とても孤独を感じている可能性があります。他人と交流するのが難しいと感じているサインです。

同じように、これは自己愛の欠落の可能性もあります。自尊心が傷ついているのかもしれません。たくさんの恐怖を感じているのかもしれません。不十分な社会的絆と関係していることが多いです。

5. 背中下部の痛み

背中の下部に痛みがあることも、過重と関係があります。カギとなる感情のひとつです。しかし、極端な抽象的な責任ではなく、結婚や経済に関する不安です。

背中下部の痛みは、お金に関するかなりの不安を示唆します。多分、支出が増えたとか、多額の借金があるからかもしれません。背景には、効率的に経済的な責任が取れないことへの恐怖があります。

6. 手の痛み

表現や他人とのコンタクトに密接に関係するのが手です。手に痛みや不快感があるときは、他人とのつながりを見直す必要があります。 

もっと信頼できる人間関係を構築したいという満たされない欲求があることが一般的です。不快感や痛みは、乗り越えたいと思っている社会的な欠乏を表しています。しかし、そうするための道はまだ見つかっていないのです。

7. ひざの問題

ひざの痛みは、最もよくある不快感のひとつです。ほとんどの場合、エゴの爆発に関係しています問題の中心が自分自身であるにもかかわらず、他人に対して非難的な態度を持っている時起こります。これは、他人の見方において十分な寛大さを与えないバブルから抜け出す必要があることを示しています。

足に花

体は、各パーツがそれぞれのストーリーを肉体的な感情で語る本のようです。同じように、体の各パーツは、常にメッセージを送っています。どうやって耳を傾けたらよいでしょうか?それは自分自身に聞いてください。特に自分で感情的な問題があると自覚しているけど向き合うべきか迷っていたり、何をしていいかわからないときはなおさらです。

あなたへおすすめ