孤独な光の天才:ニコラ・テスラ

· 2018年5月31日

ニコラ・テスラが世界を照らした天才、と言うのは簡単です。もし彼がいなかったら、世界は暗闇だったでしょう。しかし、彼の人格を完成させるためには、彼の偉大な心に付随する孤独と誤解を付け加えなければなりません。それは複雑で、魅力的です。

テスラの最高の言葉の一つは、当時のジャーナリストによって不滅のものにされました。この言葉は彼のトリッキーなスタイルがほんの少し示されています。「現在はあなたのものですが、未来は私のものです」

私の理想を達成するのに十分な運があれば、それは人類の名声になるだろう

-Nikola Tesla-

おそらく彼は的を射ています。彼がいなければ、私たちの世界は、「眠れる森の美女」のような静かな森に見えるだろうと言う人がたくさんいます。暗い街、ラジオもテレビもなく、大きな産業または近代都市の存在しない世界。

ラジオの完成に大きく役立った「誘導コイル」を開発したテスラに私たちは感謝しなければなりません。また、電気エネルギーを私たちの家、リモコン、電波通信、X線、MRIに伝送するシステムの設計者でした。最終的には失敗してしまいましたが、世界に忘れられた彼の夢の1つは、 “Wardenclyffe”プロジェクトでした。その目標は、世界中に無料の無線電力を供給することでした。

私たちが今普通に使っているテクノロジーは、サービスをより使いやすくしようという当時の彼の思いの結果に成り立っています。

さて、彼についての話であまり話題に上がらないのは、テスラの性格です。天才の裏に隠された彼の彼の心理です。この驚くべき歴史的人物についてもう少し詳しくみていきましょう。

頭と宇宙の星々

創造性と規律:ニコラ・テスラの複雑な心理

ニコラ・テスラのより深い真理を掘り下げるいくつかの本があります。 Jean Echenozによる「Lightning」という本がその一つです。セルビアの医者Zarko Trebjesaninによる「ニコラ・テスラ:個性と神経症」もその1つです。

テスラはIQが高く、ひらめきの多い人でした。彼の天才性は、彼が幼い頃からやっていた厳しい訓練によって育ちました。

発明作品を見ることを超える激しい感情はありません。そしてその感情は、食事や睡眠すべてを忘れてしまうほどです。

-Nikola Tesla-

ニコラ・テスラの悪魔

彼がアイディアを思いついた時、彼はそれが完全に形として完成されるか、あるいは完全に無理だと分かる時までそれを放棄しませんでした。彼は少ししか睡眠時間を取らず、あまり食事もしなかったと言われています。また、彼は人生の早い段階から、創造性には厳格な規則、スケジュール、感情の制限が必要だと信じていました。

彼の科学には、禁欲主義者になるという鉄の意志がありました。彼は「感傷的な」関係を避けていました。彼によると、このタイプの関係は、彼の創造性や客観性を見失わせると彼は言いました。

ただ、この考え方は後に彼自身が後悔したことでした。いくつかのインタビューで彼は自身の孤独について語っていました。彼は創造性には情熱が必要だと認めた上で、彼のハングリー精神もまた彼の最大の敵の1つだったと言いました。彼は常にアイデアがいっぱいでした。複雑なプロジェクトは彼を嵐のように攻撃し、彼は雷のような力に従うだけで何もできませんでした。

テスラの頭の中

ニコラ・テスラは1885年にニューヨークにやって来ました。彼はその時、計算式がたくさん載った手帳、アイデアがいっぱいのメモ、ポケットの中にいくつかの詩と4セントだけを持っていました。そのような状況であるにも関わらず、彼は自分の達成したいことを非常によく分かっていましたた。

ちょうど1年後、ジョージ・ウェスティングハウス氏にACモーターの特許を売っていました。さらに彼は後に「電流戦争」として世間に知られること、トーマス・エジソンとの科学的な戦いに没頭しました。

残念ながら、テスラのアイデアの多くは成果を上げませんでした。彼は、世界が電気や目に見えないシステムにつながっているのを、少なくとも彼が望んだ形では、見ることはありませんでした。彼の未知のアイディアと調和しない「鉄の箱」(機械)でつまずいたのです。さらに、彼は人生の終わり際に彼のエネルギーと健康を奪った強迫神経症に苦しんでいました。

高貴で強迫観念的な心

テスラの最後の数年間は特に難しかったのです。彼の強迫性障害は、彼の日常生活で多くのことを奪いました。彼はいつも18枚のタオルを頼み、ホテルに住んでいました。彼は食べることはめったにありませんでしたが、彼が食事をしたときには、スタッフにテーブルに18個のナプキンを置くよう頼んでいました。

人生は、今後もずっと、それが続く限り解決できないが、それは私たちが知っていることで溢れています。

-Nikola Tesla-

テスラが描かれた絵

テスラはいつも207号室にいました。なぜなら、この数字は3で割り切れるからです。彼の3番への異常な強迫観念と、世界に無料の無線エネルギーを与えるアイデアは、彼の健康とバランスを奪ってしまったのです。彼が自分の上に置いた要求は非常に高く、彼の神経症はどんどんエスカレートしていきました。音は彼に苦痛を与えるようになりました。彼は音に過敏になりました。さらに、彼はビジネスセンスや野心がなかったので、お金がそこをついてしまいました。

彼は持っていたすべての特許を売却し、極端に貧しい状態で亡くなりました。彼は、他の人を豊かにしたあらゆる種類の作品や書類を残しました。今日、テスラの名は彼のその高明さと目標に向かう姿勢が光を浴びています。そしてまた今では、自分に豊かさを追求したことのない人を示す利他主義の名に彼の名前を関連づけて、科学を人道のために提供しています。