孤独に耐えられない時、行動を起こそう

· 2019年2月7日

孤独について考えた時、それは何かネガティブなものだと考えるでしょう。「一人になってしまう」可能性に関し、不快な経験や不条理な信念にとらわれてしまいます。これに対し、解決法を見出さなければ、孤独は耐えられないものだと考え始めてしまうかもしれません。

そのため、孤独に感じたり、自分はこれからも一人だろうと思い始めた途端、気分が沈み始めます。圧力をかけられたように、首を絞められたように感じ始めます。これが悪い決断へと繋がります。このような状況を避けるために一番の方法は、行動することです。

「ある日、孤独が私をあまりに強く抱きしめるので、彼女へ愛情を抱き始めた。子どものように泣き、何千もの話をした。昔からの友達のように長い間話し、さようならを言い、それぞれの道を進んだ。時々、彼女に会うこともあり、その時はいつも嬉しい。彼女は今でも変わらない―いつも誠実で賢く、知的だ。」

-ケルビン・トレス-

 

自分の思いを認識する

孤独によって、あなたはどう感じるでしょう?怒り、それとも悲しみでしょうか?孤独を感じる時の思いを認識することは重要で、それにより、その思いを解放することができます。それを解き放てば、傷つくことはありません。しかしそれを無視しようとすれば、無くなることはありません。反対に、あなたの中で大きく、毒となり、さらに空虚を作り出します。

この時、自分が何を、どのように感じているかを認識するには、感情の日記をつけると良いでしょう。そこには、一人の時に対する感情や思い、感覚を書き留めます。また、自分の思いを表現した手紙を誰かに書くのもよいでしょう。絵を描いたり、信頼する人に話したり、専門家を訪ねるなどの方法もあります。

黄色の花と女性

まず、こんなことのために使う時間はないと考えるかもしれません。それは、あなたを傷つけている要因と向き合うことが難しいためで、それを避けようとしているためです。しかし、痛みと向き合うことで、気分を悪くするものを受け入れ、解放することができるのです。これは、決定的とは言わずとも、非常に重要な一歩です。

「朝、誰にも起こされず、夜、誰もあなたを待たず、自分が好きなことをできる時、それを何と呼びますか?自由、それとも孤独?」

-匿名-

なぜあなたが孤独を感じているのかを解明したら、それを大きくしている姿勢や行動を止める必要があります。例えば、気分が沈むために、家族や友達と距離を置いているかもしれません。孤独なことと、孤独でいるためにわざと行動することは別問題です。

「孤独は悪くないが、度が過ぎると、人生を制限することになる。」

新しい友達を作る努力をしましょう。あなたが孤独を感じるような人との関係を止めるよう努力しなければなりません。気分が乗らなくても、普段はいかないようなイベントに誘われた時、考えてみましょう。自分に聞いてください「もし、気分が違ったら、行きたい?」答えがイエスであれば、努力しましょう。

 

孤独に対する考えを変える

あなたのどのような信念が原因となり、孤独は耐えがたいものだと感じるのでしょう?独身でいることは失敗だと思っていませんか?誰かに側にいてもらうことができない、または、一人で何かをすることは、恥ずかしいことだと思っていませんか?

このような思いに打ち勝つ唯一の方法は、それを受け入れ、逆のことをすることです。ひとりで映画に行ったり、カフェに行くのは恥ずかしいと思っていませんか?やってみましょう!同じことをしている人が他にもいることに気付き、さらに、気分が良くなることに気付くことが重要です。

顔を覆う花

新たなことに挑戦したり、趣味を始めませんか?1日8時間働き、時間が無いと思っているかもしれません。ところが、何の予定もなく一人で家にいると、孤独に関するネガティブな考えが浮かんで熟考してしまいます。そこで、仕事の後、ズンバをするためにジムに行く予定を立てたり、今までやりたいと思っていた教室に参加してみましょう。

こうすることで、個人として成長し、自己実現を果たすのに役立ちます。さらに、新たな出会いがあり、あなたが思っているほど、孤独ではないことに気付くでしょう!積極的に自分の悲しみと向き合い、幸せになるのに誰にも頼らなくてよいことが分かります。

「なぜ、人は孤独を避ける傾向があるのか?それは、皆が孤独を楽しめるわけではないからだ。」

-カルロ・ドッシ-

花と蝶と人

あなたの信念について、考え直してみましょう。自分と人を比べてはいけません。他の人が一緒にしてくれるかどうか心配せず、自分の好きなことをしましょう。あなたの幸せや楽しみが問われます。恋人がいる時、周りに人がいる時のみでなく、あなたは一人でも幸せで気分が良く、最高の状態であって良いのです。