心のつながりを生む方法:2つの魂が出会うとき

2019年9月19日
私たちの前にある厚い壁は、相手の心に触れたときに崩れ、お互いが心に抱えている感情や考え方などを共有する関係へと進展します。

お互いがありのままの自分を相手に見せる親密な瞬間では、魂をさらけ出すよりも、肉体をさらけ出す方が簡単だと考えられます。

自分の魂をさらけだすというのは、恐怖心、不安感、そして自分の弱さを示す非常に傷つきやすい瞬間なので、魂をさらけだすよりは、衣服を脱いで裸を相手に見せる方が簡単だと考える人もいます。

私たちを保護している心の鎧を脱ぐのはとても難しいことですが、鎧を脱ぐことでお互い正直になり、それが相手とつながることができる唯一の方法なのです。

今回は、つながりを生む方法をご紹介します。

つながりとは、二つの魂が一つになったときに生まれます。

肉体を越えた部分で、相手の最も深い部分とつながるときに親密さが生まれるのです。

この瞬間から、相手の興味や愛情は、身体ではなく人格などの様々な側面に焦点をあてられるようになります。

私たちの前にある厚い壁は、相手の心に触れたときに崩れ、お互いが心に抱えている感情や考え方などを共有する関係へと進展します。

私たちの心の鎧を取り外す鍵はどこにあるのでしょうか?

本来の私を相手に見せることができるようになる秘訣は何でしょう?

自分を守ろうとする自己防衛能力を解除し、本当の親密さを生み出すことはできますか?

大切なのは信頼です。

二人の関係において、信頼を築き上げることで、正直さを基盤とした深い関係への架け橋となります。

私たちには人間関係において、自己防御のメカニズムが自然に起こることがあるため、初対面から信頼関係を確立するのは簡単ではありません。

一つずつゆっくりと理解し合いながら、一人が転んだらパートナーが抱き上げてくれるような関係を築いていきます。

真の信頼関係は、まず相手を受け入れることから始まります。

本当の自分を見せても、相手は自分を見捨てず受け入れてくれるとお互いわかっているのが信頼です。

信頼関係を築き上げるのは簡単ではないかもしれませんが、信頼関係が確立されるまでは二人の関係が本当に始まっているとは言えません。

二人の「愛の物語」であるラブストーリーにおいては、親密さはパートナー同士が自分らしくあるために必要な、安全のメカニズムを作り上げます。

お互いを紐で縛る必要もなければ、観客もいりません。

二つの純粋な魂がお互いを信頼して出会うことでラブストーリーは始まります。

こちらもご参考に:時に「愛している」よりも「信頼している」の方が重要

親密さを作り出す方法:恐怖心から自分を解放する

最初は相手を疑い、親密になることを拒否するのが普通ですが、相手が同じように疑わずに親密になろうとするケースがあります。

本当の自分を見せると、傷つくことも少なくないため、最初は疑いを持って親密さを拒否するのが普通です。

本当の自分を見せて、自分が見たくないことを目にしたとしたら?

すべてを相手にさらけ出したのに、逆に相手から拒否されてしまったら?

誰かに心を開いたらどうなるの?

心のつながり 生む方法 2つの魂が出会う

「自分の探しているもの」を相手が持っていない可能性や相手から与えられない可能性は、常に私たちにつきまといます。しかし、私たちが探しているものが逆に私たちを受け入れるのかどうかは、試してみないとわかりません。

私たちは、仮面を脱いでチャンスをものにしなくてはいけません。チャンスを逃してしまうと、本物の強固な関係を築く機会を失うことになり、誰かと親密な関係になる可能性を失う結果となります。

肉体関係のみの性的関係、孤独に苦しむ恐怖、仲間はいるが結束のない人たちなど、「暗黙の批判」によって維持されている表面上の人間関係が多い現代社会に私たちは暮らしています。

私たちにふさわしいものを見つけるためには、自由に、勇敢に、そして強くなることが大切です。

親密さは信頼とつながりに満ちているため、怖がる必要はありません。

恐怖心は私たちを守りながら常に私たちを引き止めますが、人間としての成長や他人と関係を築くのを阻害する感情でもあります。

何か悪い経験をしたからといって、全く同じ経験がもう一度起こることはほとんどありません。勇敢な人は、何かに拒否されたことにばかり気をとらわれません。常に努力を続け、より良いものを探すために自分自身を磨きます。

こちらもご覧ください:心の安らぎと忍耐強さが人生の意味を見つける鍵

本当の自分を相手に見せる勇気

勇気があるというのは、本当の自分を相手に見せるために、自分の本質と信頼しているという気持ちをを相手に示すことです。

こうすることではじめて、本当の自分を周りの人々や大切な人に知ってもらうことができるでしょう。

心のつながりを生む方法:2つの魂が出会うとき

自分を愛することは、自分をあきらめない自信を持つために大切です。

自分を愛することで、自分の恐怖心を受け入れながら自分を大切にすることができます。

また不安感が原因で、本来の自分を自分の周りの人に見せないということがないように細心の注意を払うことができます。

身体のつながりにばかり目を向けるのではなく、魂のつながりを大切にしてください。

恐怖心は一旦横に置き、新しい自分を発見すると同時に、お互いの新しいところを見つけましょう。

嘘や偽り、心の鎧、そして不安感などは捨て、本当の自分として相手とつながり理解し合う親密な関係を築きましょう。