強迫性障害の男性が書いた悲痛な愛の詩

2019年9月19日
愛と失恋は、誰もがまたはほぼ全員がこれまでに経験したことのある深い感情ですが、強迫性障害のある人がどのように愛と失恋を経験するかについては、ほとんど語られていません。

強迫性障害(OCD)は、思考、感情、行動を操作する不安障害の一種です。

強迫性障害に苦しむ人々にとって最も生活が限定的になる症状の1つは、自分の推論や感情が作り出す苦しみをを和らげるため、義務付けられているかのように、言葉、思考、または行動を繰り返すことです。

これらの強迫観念は何が原因で起こるのでしょうか?

アイデア、思考、イメージ、または衝動が、永続的または不合理に繰り返し起こりますが、これらの症状は本質的または不随意に自我異和的(自分ではやりたくないと思っているということ)なのです。

そして彼らの強迫観念は、現実問題への過度な懸念というよりは、自分が予測する起こる可能性の低い問題から生じる恐怖心です。

このような恐怖心や思考は、自分の心が作り出したものだと認識できているという事実にも関わらず、深刻な苦痛を引き起こします。

ほとんどの臨床例において、患者は強迫観念に抵抗するのをあきらめてしまうことがあります。なぜなら、強迫観念を頭から取り除こうとする努力はとても疲れるからです。

強迫性障害の定義で大切な用語の一つが「強迫」です。

これは、ある特定のルールに従った型通りの方法で、強迫観念に応じて起こる反復行動として知られています。

この行動に最終的な目標はありませんが、ある状況や状態を作り出すことや防ぐことを目的として行動している傾向があります。

例えば、合理的ではない「解決方法」の一つには何度も車のドアを開閉することがあります。また、問題に対する偏った解決法としては、何回も何回も手を洗うという行動があります。

強迫性障害の症状を説明する例をご紹介します。

強迫性障害の人は、何か悪いことが自分の家族に起こるかもしれないと突然思った時でも問題なく車を運転することができます。

彼らは、この恐怖心は心の産物であることを知っていますが、「何も起こらないようにする」ために車の窓を3回連続で噛む必要があるという考えが起こります。

これは非合理的な推論であり、自らもこの衝動に抵抗しますが、最終的にはこの行為を行います。

強迫性障害を持つ人にとってこの行為は喜ばしいことではありませんが、その場での不安を軽減するのには役立つのです。

ご存知ですか?:強迫観念が人生を支配するとき

強迫性障害 OCD

強迫性障害の男性が書いた悲痛で感情的な詩

愛と失恋は、誰もがまたはほぼ全員がこれまでに経験したことのある深い感情ですが、強迫性障害のある人がどのように愛と失恋を経験するかについては、ほとんど語られていません。

愛と失恋に関連する感情とは、感情的経験の基本的な柱を構成するものです。

この独自の感情的経験について説明または理論化する方法がないのであれば、誰かが自分に起こった体験を認知し、世界とその感情を共有することで私たちの理解が深まります。

強迫性障害は、この障害のある本人だけでなく、パートナーにとっても簡単なことではありません。

今回ご紹介する詩を書いたニール・ヒルボーン氏は、その難しさを詩として表現しています。アメリカ人であるニール・ヒルボーン氏は、強迫症障害を持つ作家であり詩人です。

この詩を通じて彼が伝えたいのは、恋に落ちる過程の中で自分が経験した心の動きや心の中で起こったことです。二人の別れが何を意味したのか、彼は自分の詩の中でそれを明らかにしています。

 

彼女に初めて会ったとき…
私の頭の中は完全に静かになり
すべてのチック症状や、絶えず更新されるすべての画像が消えた。
強迫性障害患者には、静かな瞬間がやってくることはない。

ベッド中でも私は考える:
ドアの鍵をかけた?はい。
手を洗った?はい。
ドアの鍵をかけた?はい。
手を洗った?はい。

でも彼女を見たときには、ヘアピンのような彼女の唇の美しい曲線のことだけを考えた…
彼女の頬についたまつげ—
彼女の頬についたまつげ—
彼女の頬についたまつげ。

彼女に話しかけなくてはいけないと思った。

30秒で6回彼女をデートに誘った。
3回目の後、彼女が「はい」と言ったのに、どの質問も正しいと感じられなかった僕は、いつまでも質問を続けた。

最初のデートで僕は、食事をしたり彼女に話しかけるよりも、食べ物を色分けすることにばかり時間を費やした…
でも彼女はそんな僕を愛してくれた。
水曜日なら、僕は彼女に16回か24回さよならのキスしなくてはいけないという事実さえ愛してくれた。

歩道にはたくさんひび割れがあるから、家に帰るまでに永遠のように時間がかかる僕を愛してくれた。

引っ越して一緒に住み始めた時、彼女は安心だと言った。だって、僕は18回もドアの鍵を閉めたから誰も泥棒に入ることはないだろう。

彼女が話すとき、僕はいつも彼女の口を見ていた。
彼女が話すとき
彼女が話すとき
彼女が話すとき
彼女が話すとき;
彼女が僕を愛していると言ったとき、彼女の口の端は丸くなった。

夜になると、彼女はベッドに横になり、僕がすべての明かりを消すのを見ていた。

オン、オフ、オン、オフ、オン、オフ、オン、オフ、オン、オフ、そしてオン、オフ、オン、オフ、オン、オフ、オン、オフ、オン、オフ、オン、オフ。

彼女は目を閉じて、彼女の目の前を過ぎ去る日々や夜を想像していただろう。

僕が彼女にいってらっしゃいのキスをすると彼女は仕事に遅れてしまうので、何も言わずに仕事に行くようになった。

僕が歩道のひび割れが気になって止まっても、彼女はそのまま歩き続けた。

彼女が僕を愛しているという時の口の端は、まっすぐになった。

僕が彼女の時間を使いすぎていると言われた。

先週から、彼女は母親の家で寝るようになった。

僕が彼女に執着しないようにすべきだったと彼女は言った。すべては間違いだったとも。でも…

彼女を触った後に僕が手を洗う必要がないことが、どう間違いになるのだろう?

愛は間違いなんかじゃない。

彼女はここから逃げ出すことができるけど、僕は逃げ出せないことが耐えられない。

できない – いつも彼女のことを考えているんだから、新しい人を見つけるなんてできない。

何かに強迫観念を抱くとき、たいてい皮膚に菌が入り込むのが見える。

無限に続く車に押しつぶされてる自分が見える…
彼女は僕が初めて夢中になった美しいものだった。

彼女が車のハンドルを握る姿を考えながら毎朝目を覚ましたい…

金庫を開けるようにシャワーのノブを回す彼女。
ろうそくを吹き消す彼女—
ろうそくを吹き消す—
ろうそくを吹き消す—
ろうそくを吹き消す—
ろうそくを吹き消す—
吹き消す…

今、他の誰かが彼女にキスをしていると想像する。

僕は息ができない。その男は一度だけ彼女にキスをする−でもそれが完璧なキスかは気にしない!

彼女に戻ってきてほしい。
僕はドアに鍵をかけないで開けておく。

電気もつけたままにする。

著者:ニール・ヒルボーン

こちらもご参照を:強迫観念と闘う

強迫性障害 OCD ニール・ヒルボーン

強迫性障害を持つ人と一緒暮らすために

強迫性障害を持つ人々と一緒に住む場合は、この障害を持つ人特有の強迫観念や強迫行為を制御するべきではないと理解しなければなりません。

強迫性障害のある人は、自分の考えや行動が非合理的であることを知っているにせよ知らないにせよ、サポートなしでは自分でコントロールすることはできません。

強迫性障害のある人を批判したり、彼らの日課である強迫行為を止めようとしてはいけません。行動を無理に止めると、ストレスが増えてさらに大きな傷が生まれる可能性があるからです。

またこれまでとは異なる行動や考え方をするように押し付けたり説得してはいけません。

強迫性障害のある人には、忍耐と優しさを持って接することが大切です。また、強迫性障害のある人が行う「儀式」に参加してはいけません。

サポートは毎日の生活の一部である必要があり、理解と受け入れを抑圧してしまうような受動的なコミュニケーションスタイルを隠したり許可するべきではありません。

ある書籍の著者は、強迫症障害の患者へのサポートをに関して、相手との話し方について次のように語っています。

「私はあなたを愛しているので、有害な行動には参加しません」

「あなたが怒るかもしれないし難しいと思うけれど、この儀式的な行為は行わない方がいい」

「医師から参加しないようにと指示が出ているし、私は医師の判断を信頼することにした」

最後に、強迫性障害の治療に特化した、心理的および精神医学的サポートを見つけることが大切です。

強迫症障害に苦しむ患者とその周りの人は、それぞれの状況を把握し、患者の日常生活を改善するサポートをする知識と資格のある専門家に相談してください。