最もよく見られる7つの暴力の種類

· 2018年12月4日

暴力は制限も境界線も無視した、それでいて蔓延しやすいものです。残念ながら世の中には、どこにいても目にするほどのたくさんの暴力が存在します。何かを求めることで起こる戦争では、何百もの命が奪われます。たとえ直接かかわっていないとしても、それを目にするだけで大きな影響を受けます。人は生まれながら攻撃的であるのかとさえ感じるほど、この世には暴力があふれています。ですが暴力(攻撃性)は後天的なものです。多くの人が学び、生み出し、しかもそれを教え、容認しています。ですが、たとえ暴力を学んでしまったとしても、そのサイクルを食い止めることは出来るのです。

こちらもご覧ください 非暴力コミュニケーションのメリット

 

「暴力は他人の理想に対する恐れの現れである」

-マハトマ・ガンジー

 

このサイクルを食い止めるための最重要なステップの1つは、暴力そのものの異なるタイプを見分けることです。ここではそのタイプについて詳しくお伝えします。

 

1.経済的暴力

このタイプの暴力には二面性があります。直接的、そして間接的なものです。直接的な経済的暴力は、あなたの物品や財産を攻撃するものです。これは窃盗、詐欺、その他違法あるいは不当な行為を含みます。

鎖

間接的な経済的暴力とは、あなたの利益に影響を与える経済システムの内部メカニズムに関連しています。例えば労働市場で賃金が低下した場合です。こうなると、一部の人間だけの金銭的負担が少なくなり、また仕事を見つけるのも容易になるなど、不公平な競争に直面しなければなりません。別な例として、権力、職権のある人間は本来平等であるはずなのに、それが崩れ、一部の人間の利益のためだけに動く場合です。

 

2.政治的及び制度上の暴力

政治的暴力とは、あなたの利益に反する政治的団体の行動が含まれます。政治団体があなたを道具として使うことが、政治的暴力です。例えば、あなたが腐敗した政治階級の犠牲者である場合などです。

制度的暴力とは、機関による酷使や虐待などです。例えば、あなたを何らかの形で傷つけるようなサービスを提供された場合、または、医療機関があなたの痛みを和らげたりすることなく無視するなどです。

 

3.性的あるいは性別の暴力

21世紀の現代でさえ、女性に対する暴力問題は存在します。それも、ある側面では悪化しているとすら言えるでしょう。このタイプの攻撃性は、「」が動機の原点にあります。男性や女性が、女性に対し、して欲しいことをしない、言うことを聞かないなどと暴力を与えるのです。

女性への暴力

男性も、性的または感情的な暴力の対象となり得ます。男性、女性関係なく、こういった暴力を日々行っているのです。男性だからという理由だけで、拒絶されたり先入観を持たれたりすることもあります。悲しいことに、最近は女性による性的虐待の報告も増加しています。

 

4.文化的暴力

多くの人が他人の生き方を真似し、みんなが似たようなライフスタイルを送ります。専門家に言わせると、これもまた暴力の1つだそうです。なぜならその支配的なステレオタイプの生き方から外れると、それを受け入れてもらえず、軽蔑されたりするからです。

世界中でも多くの社会が、特定の集団に対して暴力的であることを正当化し、認めています。この集団とは、独自の集団であったり、少数派のグループであったりします。LGBTQIAコミュニティや民族集団などがそれに当てはまります。

 

5.宗教的暴力

世界中で多くの宗教や宗派が、権力や教徒を巡って闘っています。もちろん、その中には真の信仰の表現のために闘っている人もいます。ですが、リーダーの中には、経済的な理由で争っている人が多くいるのもまた事実です。彼らは信仰の戒律を指示し管理する立場にあり、そのため信者の希望をためらうことなく支配します。

宗教的暴力

このタイプの宗派は、信者の恐れや不安を利用して金銭を手にします。直接的、または間接的(より多くの信者を勧誘する意欲を通して)なやり方かもしれません。彼らは世界の終わりや人類の破滅など、暗い未来を示唆する傾向があります。こういった話を持ち出すことで恐怖心を煽り、信者の意思を砕き、欲しいものを手に入れるのです。

 

6.ネットいじめ

ソーシャルメディアの発達により、これまでにないタイプの暴力が生まれました。テクノロジーが進むことで、どんな弱虫でも他人を批判することの出来る場所が出来てしまったのです。国によってネットいじめに対する法律が異なっており、対応が明らかになっていません。そのためこのタイプの暴力はどんどん広まり、しかも罰されることもありません。

また、誰でも画像をセーブしたり共有することが出来ます。その可能性を利用する人も多く存在します。これが新しい形の暴力を生み出しています。その1つが、勝手にビデオを撮り、それをソーシャルメディアにのせることです。他人の画像を使って冗談のネタにしたり、あなたを指し示すような物まねをしたりします。あなたが気づく頃には、何千もの人がすでに見た後だということがほとんどです。

こちらもご覧ください 暴力をもたらす感情

 

7.情報の暴力

非常に多くのメディアが、暴力的なイメージのニュースを報道しています。ぞっとするような情報がとても多く、ですが刺激的であればあるほど、より多くの視聴者や読者を惹きつけています。テレビのニュースや新聞を開くと、現実についてのあなたの考えを歪めてしまうような情報が載っていることも多々あります。

最悪なのは、メディアがこういったニュースを流すことを求めている人たちがいるということです。メディアは、こういったニュースが引き起こす衝撃に慣れてしまっています。そのため常に、前回より更にインパクトの強い、刺激的な新しいストーリーを探し続けるのです。苦痛、死、拷問、そういったおぞましいものを求めています。

メディア

紹介した暴力のタイプは、全体のほんの一部にすぎません。実際のリストはもっともっと長いものです。ですが、とても酷く、また一般的で、インパクトの強い暴力ばかりです。