ペットを飼うことのメリット6つ

· 2018年10月26日

動物は無条件に愛してくれます。人生にはいい時も悪い時もありますが、ペットを飼うことであなたの生活の質が改善し、たくさんのメリットがあります。ペットのお世話をすることで、大きな責任感を得ます。これにとって得られるメリットは、犠牲よりもはるかに大きいです。ネコやイヌなど昔からのペットだけでなく、イグアナのようなエキゾチックなペットも飼い主の健康を改善してくれます。

ペットと一緒にるとき、もっと支えられているように感じます。もっと幸せに感じます。ペットは人生に意味を与えてくれます。さらに、ペットを愛することで、以下のようなメリットが得られます。

 

長生きできる

イヌを散歩に連れていくことで、毎日運動できます。水槽の水を変えることで、こころをアクティブに保てます。肉体的・精神的エクササイズは、体と血流を活性化します。病気のリスクも減ります。

障害を乗り越える手伝いをしてくれる

心的外傷後ストレス障害などの心理的な問題を抱えた人にもペットは効果的です。感情を吐き出し人生に意味を持たせる助けをしてくれます。病気を回避することもできます。猫や犬は嗅覚が優れており、体の化学物質の変化を感知することができるのです。

低血糖や高血糖の症状を感知できるようにトレーニングされた犬もいます。これによって、このような症状が悪化することを回避できます。

孤独と寂しさを紛らわしてくれる

さびしさの感覚も紛らわしてくれます。まず、一緒にいてくれます。イヌ、ネコ、鳥など、お年寄りがペットを飼う理由の一つがこれです。

しかし、一緒にいてくれるということのほかに、イヌのようなペットはもっと社交的になる助けにもなります。ペットのお世話をきちんとするということは、頻繁に散歩に連れていくということだからです。 イヌを飼っている人は、同じ公園や道を通る他のイヌの飼い主に出会えます。

ペットで幸せになる

ペットのお世話をきちんとして、健康で幸せそうな姿を見ると、ドーパミンとセロトニンの分泌が促されます。これは、幸福と福祉に関係する2つのホルモンです。同じように、ストレスの原因となるコルチゾール量を下げてくれます。 ホルモンの活動によって穏やかさを得ることができます。

また、ペットをなでることは、悲しみへの解毒剤です。これにも同じような効果があります。

ハート
もっと責任を持てるようになる

これは子どもにペットの世話をさせる重要な理由です。こうすることで、他の生き物のお世話をしなくてはいけなくなります。ペットの運命は飼い主にかかっています。結果、子どもたちは動物と交流することを学び、動物の福祉を気にかけます。この経験が、動物だけでなく他の人間に対しても共感的になるように子どもたちを育てます。

免疫システムを高める

特に幼少のころペットを飼っていることで、新しいアレルゲンや病原体にさらされ免疫システムが強くなります。生まれて数年の間にさらされることで、特定のアレルギーを発症するリスクも下げてくれます。

動物が人間を幸せにしてくれるという研究はたくさんあります。毎日をやり過ごす助けになってくれるし、とてもいい友達です。しかし、ペットを飼っていることがおもちゃやアクセサリーを持っていることとは違うということを覚えておきましょう。人を必要として頼ってくれる生き物だからです。

社会で、動物を飼う人の数も捨てられた動物の数も多いのはこれが理由です。社会として、わたしたちは動物を捨て続けています。同時に、より多くの動物を販売目的で繁殖させています。 このような活動に関わる人は動物の命を危険に冒しています。里親センターのほうが効果的で、良いことをしているという感覚も得られます。つまり、動物の命を救っているんです。

結局、ペットは感情に敏感な生き物です。喜びも苦しみも感じます。無条件に愛すれば、同じように愛情を返してくれるのです。