楽観的な人の7つの特徴

2019年9月8日
自分の中で最高の自分、周りの人々の素晴らしいところ、そして様々な状況における最高の瞬間などを見つけ出す視点を持つことが、楽観主義者であるということです。

楽観的な人々は、自分自身と周りの人々に幸せをもたらします。

物事の負の側面に執着せず、明るく輝く側面に目を向けるのが楽観的な人々で、常にこの明るい方法で世界に目を向けることを選択し、自分の人生を築き上げていきます。

楽観主義を好む人の性格や特徴にはいくつかありますが、楽観的であることは自分の経験を振り返ったり実践することと密接に関わっています。

今回は楽観的な人の特徴を見ていきます。

意識的または無意識的のどちらであっても、私たちは誰もが「自分の選択」という視点や観点から人生に目を向けます。

私たちが何かを選択するとき、それは個人的な経験だけでなく、自分自身の性格や相関的な特性などに大きく依存します。

時には習慣のせいだったり、反省していないためということもありますが、結局のところ自分の個人的な見解を構築するよりも、何かを模倣したり繰り返す方が容易だと言えるでしょう。

「人生には暗い面と明るい面がある。私たちは自分が最も満足するものを選択するべきだ。」

サミュエル・スマイルズ

楽観主義者であることには、バラが敷き詰められたベッドのような人生や、周りの人とは比べものにならないほど素晴らしい子供時代を過ごした人生、そしてすでに自分の人生がこの上もなく素晴らしいものである必要はありません。

自分の中で最高の自分、周りの人々の素晴らしいところ、そして様々な状況における最高の瞬間などを見つけ出す視点を持つことが、楽観主義者であるということです。

楽観的な人とは、無知な悲観主義者ではなく、すべてのポジティブな側面に目を向けて強調する人生を選択した人を指します。

日常生活を送る中で、様々な問題に直面すると悲観的になることもありますし、痛みやストレスを完全に回避できる人はいません。また、不平を言うことで、怠慢と調和の正当化につながります。しかし楽天的な人は、実践、発展や成長、そして改善といった挑戦に取り組みます。

ここからは、多くの楽観的な人に共通するいくつかの特徴をご紹介しましょう。

ご存知ですか?:世界に対しては悲観主義、周りの人へは楽観主義

自分が求めるもののために戦う

目標を達成するために努力するというシンプルな行動により、誰もが生き生きと人生を送ります。

これとは対照的に、自分の夢や希望を満たしていない人は、負のレンズを通して人生を見る傾向があります。

楽観主義者を定義する言葉を探すとすれば、「目標を設定し、それを達成するために戦う能力を持つ人々」と言うことができるでしょう。

楽観的な人 7つ 特徴

楽観主義者はまた現実主義者です。

楽観的な人々は、自分の能力を超えた目標や不可能な目標を設定することはありません。

「自分が願い、気持ちの準備ができたらどんな夢でも叶う」というのは真実ではありません。

達成できないような目標を立てるのは、逆に挫折や失望を感じて終わるだけです。

目標を高く持つのは大切なことですが、達成不可能なほどの目標を立てるとなると別の問題となります。

周りの人の失敗から学ぶ

楽観主義者にとって、どんなことも「失敗」ではありません。

楽観主義者にとって、間違い、エラー、達成不可能な挑戦や目標は存在しますが、それは決して失敗ではありませんし、失敗と呼ぶこともありません。

人生の様々な場面においてポジティブで明るい側面を探す能力を持つ人、それが楽観主義者です。

困難な時間や間違いを経験せずに何かを達成することができる人はいません。間違いを訂正し、穴が空いたら埋め、エラーが起こったら修復することで、大きな成果を達成する基礎を作り上げます。

すべての間違いには学ぶことができる教訓があり、これは私たちが成長する素晴らしい機会です。

楽観主義者にとって失敗という言葉はないと最初に述べましたが、もしあるとすれば挑戦をやめる時が楽観主義者にとっての「失敗」と言えるでしょう。

ご存知ですか?:ポリアンナの原理:ポジティブな面だけに焦点を当てる能力

自分に対して正直である

自分に正直であるということは、何かを正当化したり言い訳ばかりを言うことのない人であることを意味します。

自分に正直であるためには、真実から隠れようとしない勇気が必要な行動です。自分自身や自分の人生と向き合い、自分に対して誠実であることを意味します。

楽観的な人 7つ 特徴

楽観的な人々は、自分が間違っていると認めるのを恐れないどころか、公然と自分の間違いを認めるでしょう。

楽観的な人は、自分の間違いを他人のせいにすることを避け、自分が常に正しいとは限らないことを受け入れるのに十分な自信を持っています。

自分の間違いを認識することは、より良い自分に一歩ずつ近くために大切な行動であると理解しているため、より強い人間へと成長するのに役立ちます。

他人と自分を比較しない

楽観的な人は、他人と自分を比較することはありません。

体系的に自分を他の人と比べるのは、自分の思考回路を歪めて心に毒を与えるような行為です。私たちは、誰かと比べる必要のない唯一無二の存在です。人間として誰が優れていて誰が劣っているかを比較したり測定する方法は、この世の中には存在しません。

例えば、罪を犯した囚人がビジネスマネージャーをしている人よりも、もしかしたら素晴らしい心を持っているかもしれませんし、逆に、自分の目標を達成する能力は劣っているかもしれません。

しかし、これらを測定する方法は存在しません。

真の楽観主義の基盤となるのは、「私たち人間の中で誰かがより優れていたり劣っていることはない」と言う事実を理解することです。もちろん、人間同士で比較するというのは任意の行動です。自主性や主体的な判断力を欠いている人は、絶えず自分を他人と比べています。

誰もが自分の生きたいように生きているか、あるいは生きるべき道を歩んでいるかどうかわかっています。他人がどう思おうと、他人の意見に関係なく結局は自分がどう感じるかが大切です。

楽観的な人々の特徴である自発性

動機とは、目の前に障害物があるにも関わらず「自分自身が行動を起こす要因」を意味します。

「ある特定の目的やゴールに向かって、前に進み続けるように自分を鼓舞すること」とも言い換えることもできるでしょう。

楽観的な人々は、挑戦し続ける強さは自分の中にあることを知っています。

この気持ちは他人に認められるからまたは認められないからと言う理由ではなく、自分の信念に従って行動すると言う事実に起因しています。

楽観的な人 特徴

自分の行動の原動力とその理由が見つかると、人は自発的に行動します。信念とは継続する力を人に与えるのです。

夢を追い求める理由が間違っていないと知ることで、自分が直面するであろう問題をあまり重視することなく、前進し続けることができます。

楽観主義者とは、自分の行動を信じて前に進む人のことです。

他人をありのまま受け入れる

私たちは、自分自身を扱うように周りの人を扱う傾向があります。そのため、ありのままの自分を受け入れると、他人を受け入れることが容易になります。

自分自身を大切に扱うことや自分を愛することが難しいと感じているとき、自分の内面の葛藤を他人に投影します。つまり、他人に常に批判的な人がいるのは、このような理由からと言えるでしょう。

楽観的であるためには、ポジティブな自己イメージが必要です。これは利己的であるべきだという意味ではありませんが、自分自身の価値に細心の注意を払いましょう。

楽観的な人々にとって、他人を受け入れて大切に扱うのが難しくないのはこのためです。

楽観的な人々は、すべての人が「同じ」人間の歴史に参加してきた仲間であることを知っていますし、誰もがこの歴史という冒険の中で、自分の居場所と生きる目的を持っていることも理解しています。そして人間同士の結束が、現在のより強い自信へと繋がることも忘れません。

自分の成長を誇りに思う

努力なくして真の楽観主義者になることは誰にもできません。

自分を知り自分の間違いを許し、自分の達成した成果に適切な価値を与えることが大切です。

自分自身を自分が任されたプロジェクトと考え、このプロジェクトを成功させるために努力し自分の成長を誇りに思うことが、楽観主義へとつながります。