衝動的行動恐怖症とは?

2019年6月7日
専門家を治療を受けていて、衝動的行動恐怖症と診断された人は、最も自分に恐怖を抱かせる思考を特定することができます。愛する人を傷つける、バルコニーから飛び降りる、高速道路で逸れて運転する、電車の目の前に飛び込むなど。これらすべてのケースで、患者に思考と行動の混同が見られます。

衝動的行動恐怖症とは、衝動に従って制御を失い、自分や他人を傷つけてしまう恐怖です。診断の分類によっては、このような恐怖を強迫性障害(OCD)の一種であるとしています。これは精神を乗っ取る侵入思考だからです。

侵入思考によって感じさせられる不安を軽減するためには、行動や思考(強制)が必要になります。さて、それではこのような恐怖をどのように特定し、どのように治療していくべきかを見ていきましょう。

衝動的な行動を起こしてしまう恐怖の特定の仕方

専門家の視点から言えば、このような恐怖症は強迫性障害の一種です。強迫性障害の一種として見るにしても、個々の恐怖症として見るにしても、自分の衝動に対するかなりの恐怖に関わる症状です。

この障害に関する主な臨床的な特徴を見ていきましょう。

  • 衝動に従って制御を失うような思考の侵入を受ける。
  • これらの思考の内容は、「暴力性」への不安と関連している。これは、自分に対するものと他人に対するもののどちらも含む。
  • このような思考を持っているということに対する、激しい恐怖を抱く
  • これらの思考が現実になることを防止すると自分が思うような方法でふるまう。

衝動的行動恐怖症とは?
よく見られる衝動とは何か

専門家を治療を受けていて、衝動的行動恐怖症と診断された人は、最も自分に恐怖を抱かせる思考を特定することができます。愛する人を傷つける、バルコニーから飛び降りる、高速道路で逸れて運転する、電車の目の前に飛び込むなど。これらすべてのケースで、患者に思考と行動の混同が見られます。

衝動的行動恐怖症は以下のように発展していきます。

  • はじめに、自分が衝動に従い、制御を失う姿が「見える」、思考や精神的イメージを持ちます。これらのイメージや思考を、壊滅的であると考えます
  • それから、これらのイメージや思考を「消す」ために、様々な心理的資源を駆使します。しかし、自分の思考に固執してしまうことは良くない方法です。その為、不安が募り、予期的な思考がより強くなります。
  • 自分の思考を制御することができないがために、自分がコントロールを失うというそのような思考の力を強めてしまいます。その為、恐怖の感情がより強まります。

衝動的行動恐怖症のための心理学者の治療を受ける人の多くは、最も恐怖を抱かせる思考は、愛する人を傷つけてしまうという思考であると話します。

最もよく見られる衝動的行動恐怖症の影響

どんなOCDも恐怖症も(毎日恐怖を抱いているのであれば)、その人の生活の質に大きな影響を及ぼします。患者は自分の恐怖を制御して、不安にさせるような状況を回避するために、かなりの労力を必要とするためです。そうして、少しずつ気づかないうちに、自分の生活の一部を諦めて、恐怖を制御しようとエネルギーを無駄にします。

他にも起こることとしては、自分自身を自分の敵にしてしまうことです。これは、自我異和的な障害であるがために、これらを制御しなくてはいけない自身の欲求はかなり高いものです。(自我異和的障害は、自分が思っていることと、自分が求めるものが断絶している状態です。)同時に、自分を敵に回しているようにも感じます。

つまり、強迫観念と恐怖が、患者の意識を占拠します。しかし、これは外的なものであり、制御が可能であると患者本人は思いこみます。それができない時、自分自身がその強迫観念を生み出している張本人であると感じます。その為、自分の精神が指示していることに、反しているように感じます。この状況が続けば、内面的な困難が不安症や鬱を引き起こし、セラピーが必要になるかもしれません。

衝動的行動恐怖症とは?
衝動的行動恐怖症の治療

衝動的行動恐怖症は、強迫観念が何であれ、傷つけているのが本人であれ他人であれ、常に心理的なものです。しかし、患者が極度の不安症を抱えている時、セラピーや処方箋医薬品が有効です。一般的に、セラピーでの治療は、OCDの患者の治療法と類似しています

常に心理的な治療となります。対応する精神科医は、訓練を受け経験を積んでいなければなりません。治療には次のようなものが含まれます。

  • どうしてこの問題を抱えるようになったのか、どう影響しているのかを理解する。
  • この障害を対処するために試して失敗した様々な方法を精査して、特定する。
  • 試して効いたものを発展させていく。
  • 精神と障害がどのように機能しているかを理解する。こうすることで、自分に起こることを制御することができる。
  • 思考から自分を離す。つまり、何かを考えているということは、それを実際に行っているわけではなく、それを行う能力があるというわけでもない。また、考えていることは現実で起こりやすいということでもない。
  • おざなりにしてきた、人生の価値ある部分を取り戻す。
  • 再発を防ぎ、学んだ心理的ツールを強化する。

心理的な治療

最後に、様々な心理的アプローチがあるものの、きちんと研究がされているのは認知行動療法のみであるということを覚えておいてください。

他の方法に意味がないというわけではありません。きちんと効くのかどうかがまだ科学的に証明されていないというだけの話です。一般化することが難しい療法の型の研究はあまり行わないことが理由かもしれません。

自分は衝動的行動恐怖症を持っていると思うなら、これは心理的な問題であるということを覚えておいてください。早くきちんと直面すればするほど、軽減できます。精神科医は最大の見方です!先延ばしにすることをやめて、必要であれば助けを求めましょう。

  • Bonet, J. (2001). Tratamientos psicológicos eficaces para las fobias específicas. Psicothema13(3), 447-452.
  • Rabinovich, D. S. (1989). Una clínica de la pulsión: las impulsiones (Vol. 2). Ediciones Manantial.
  • Vellosillo, P. S., & Vicario, A. F. C. (2015). Trastorno obsesivo compulsivo. Medicine-Programa de Formación Médica Continuada Acreditado11(84), 5008-5014.