多動児:トラウマか幼少期のストレスか

2019年9月2日

多動児の背景には複雑な現実があるかもしれません。しかし、これらのふるまいをすぐに病気として扱いすぎている節があります。ショッキングなことに、特定の行動を引き起こさせた要因を理解せずまま、こういった診断を下しています。こういった子どもたちは、壊れた家庭からのストレスや愛着問題に苦しんているかもしれないのです。

まず、この問題はとても繊細な問題であることを指摘しておきます。ADHDと診断された子供を持つ家族にとっては複雑な状況である一方、専門家にとっても難しい問題です。まず、過活動を伴う伴わないに関わらず、注意欠陥・多動性障害はそもそも存在しない、と考える心理学者や精神科医がたくさんいます。

この症候群は、その現れにかなり広い分布があります。マーフィーとゴードン(Murphy and Gordon, 1998)によれば、2~5%の子どもが影響を受けています。7歳に到達する前に症状が出るとされています。きちんと診断されて治療されない場合、これらの子どもたちが大人になって不安障害や鬱に悩まされる可能性が高まります。

19世紀以来、注意力に問題がある異常活発的・衝動的子どもの初期の例が知られています。イギリスの小児科医であるジョージ・フレデリック・スティル医師(1868 – 1941)は、この症状を説明した初めての医師でした。今日まで、臨床心理学者や精神学者は、ADHDの存在を擁護しています。

しかし、彼らが特に強調していることがあります。正しい診断の重要性です。

靴ひも
多動児すべてがADHDではない

困難で暴力的で破壊的なふるまいを学校で見せる神経質な子どもがいます。同じように、落ち着きがなく、本人の教育ニーズにそぐわない教室環境により、自分の認知潜在能力を最大限いかすことができない子どももいます。

ADHDとして同じように分類されるべきではない、異なる二つの現実があります。怠け者で、やんちゃで、破壊的で癇癪持ちのすべての学生が同じ分類に当てはまるわけではありません。これらの子どもたちは、個々の行動障害に合ったカリキュラムの適応によって、かなりのメリットを得ることができます。

しかし、別の子どもたちはまた異なる助けを必要とします。多動児の背景には、トラウマがあるかもしれません。例えば、虐待的、無秩序的な壊れた家庭環境が影響していることもあります。このような場合は、カリキュラムの適応や瞑想ではどうにもなりません。

有名な研究

ニコール・ブラウンは、ボルチモアのジョンズ・ホプキンズ病院に勤務する幼児精神科医です。彼女の研究は、一つの特定の目的で様々なメディアで発表されました。より正確で繊細で適切な診断の必要性への注意の喚起です。

小児科アカデミック学会の会合にて、ブラウン医師は自身が集めた情報を発表しました。ADHDの診断を受けた多くの子どもが、実際は活動過多ではなかったという報告をしています。これらの子どもたちは、過度に警戒しているストレスを感じている子どもたちです。別の言葉で言えば、トラウマの兆候をみせていました。

これらのケースでは、認知行動療法や抗刺激薬は効きません。より複雑な状況です。これらの子どもの活動過多の原因は、機能障害の家族、または子どもが経験したトラウマとなる出来事であることを、ブラウン医師が発見しています。

けんか
正しい診断の重要性

マーク・フェラー、オスカー・アンディオン、ナタリア・カルヴォなどの医師が面白い研究を行っています。この研究の目的は、トラウマによる成人における症候学、境界性パーソナリティ障害、ADHDの差別化です。トラウマが活動過多のようなふるまいを引き起こすことはすでにご存じでしょう。子どもが成長し大人になると、その影響がより悪化します。

  • これらの現実を早い段階で特定することが重要。
  • 注意力散漫、衝動的、神経質なふるまいは、必ずしもADHDの兆候ではない。先生や、子どもたちと関わる人が知っておくべきこと。
  • 逆境、家庭の苦しみ、幼少時代のストレスが、活動過多の子どもの背景にある。
  • 良い専門家、幼児精神科医、臨床心理士は、子どもの家庭やその子が住む環境の複雑な部分を精査する必要がある。チェス

 

同様に、もう一つ重要なことを指摘しておく必要があるでしょう。正しくADHDの診断を受けた子どもの親は、この病気の責任が自分たちにあるわけではないことを知ってください。しかし、つらい道のりが待っていることは否めません。学校の力を借りて、特定の必要性を満たしていくことが重要です。

  • Ferrer, M., Andión, Ó., Calvo, N., Ramos-Quiroga, JA, Prat, M., Corrales, M., y Casas, M. (2017). Diferencias en la asociación entre el historial de trauma infantil y el trastorno límite de la personalidad o el diagnóstico de trastorno por déficit de atención / hiperactividad en la edad adulta. Archivos Europeos de Psiquiatría y Neurociencia Clínica267(6), 541–549. https://doi.org/10.1007/s00406-016-0733-2
  • Ladnier, RD, y Massanari, AE (2000). Tratar el TDAH como trastorno de hiperactividad por déficit de apego. En TM Levy & TM Levy (Ed) (Eds.), Manual de intervenciones de apego.(pp. 27-65). Prensa Académica. https://doi.org/10.1016/B978-012445860-4/50003-4