付き合いづらい人と向き合うための、4つのタオの教え

2018年7月12日 in 好奇心 0 シェア済み
タオー絵

私達のエネルギーを奪い、道をふさぐ、付き合いづらい人と上手くやっていくために、タオが賢いアドバイスをくれます。老子の教えによると、落ち着き、穏やかにネガティブな感情を取り除き、穏やかさを奪った人からパワーを取り除くことが一番だと言います。

コミュニケーションの上達や仕事で成功する方法に関する最新の記事を読むと、繰り返されるテーマがあります―付き合いづらい人との向き合い方です。この話題はややこしくなるため、まず、付き合いづらい人の意味から定義していきます

ビジネスや指導の世界で社会的関係を生き抜くには、特殊な人とも共に過ごさなければなりません。特に、受動攻撃性のある人達や自己愛の強い人達です。ほとんどの場所に存在し、言葉でいじめたり、人を操ったり、存在だけでも周りを嫌な気分にさせます。

そのような状況の対処法について、タオの教えを書いた記事がここ数年多く出ています。まず、彼らは感情の処理法をよく分かっており、さらに、権力の乱用に関しても、限界を決め、コミュニケーションを上達させる方法を知っています。

老子の教えは古い教えですが、現在でも、彼の遺産はとても役に立つものです

男性と蛇

1. ケンカせず、付き合いづらい人を制する

人生は川を流れるようなものだ。調和を楽しむには、抵抗することなく、なすがままでいるべきだとタオイズムは言います。

勇気と柔軟性をもって前進するという考えに反対する考えが、闘争、対決、抵抗といったコンセプトです。つまり、付き合いづらい人と対立したり、口論を始めた人は、ただ力を失い、怒りを積み上げるだけなのです。

「争わない」選択をしたからと言って、ただ諦め、圧倒されるのとは違います。エネルギーを無駄なところに使わず、暴力より知恵を選び、怒りの門を開けるのではなく、穏やかに過ごすことを選んだのです。

2. ネガティブな感情の入ったカップを空にする

付き合いづらい人は一言で、私達の一日を台無しにします。どんなにばかげたものであっても、彼らの行動の不適切さが私達に影響します。反応しなければ、それだけ私達の判断を活かすスペースができるというのが、タオのアドバイスの一つです。

怒りとネガティブな感情をコントロールするようにしましょう。付き合いづらい人がやりたいことをやり終えたら、10数え、深呼吸しましょう。人の一日を台無しにする権利は誰にもありません。怒り、悪意、ムードの悪さなど、ひとつずつ…空にしましょう。

心は、空っぽの部屋のように、有毒な風が窓から入ったら、他の窓から出て消えていくようにしておく必要があります。

3. 過剰反応でなく、積極的に

付き合いづらい人は私達を犠牲者にすることがあります。少しずつ、憎悪、不快、不満を積み上げ、最悪の反応をしてしまいます。遅かれ早かれ、その反応を後悔し、前もって限界を決めておくべきだったと考えます。

あなたへおすすめ